お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「星が綺麗ですね」の意味とは? 元ネタや返し方&類語を解説

汐見でこ

「星が綺麗ですね」の類語・他の言葉には何がある?


「星が綺麗ですね」や「月が綺麗ですね」のように、告白の意味を持つロマンチックな言葉は他にもあります。

(1)「夕日が綺麗ですね」


この言葉には「あなたの気持ちが知りたい」という意味が隠されています。

由来や元ネタなどは明らかになっていませんが、夕日が出てくる時間帯にこの言葉を言うと、「この後はどうしたいですか、あなたの気持ちが知りたいです」という意味になります。

(2)「今日は少し肌寒いですね」


この言葉の裏には「あなたと手をつなぎたい」という意味があるといわれています。

気になる人に「寒くない?」と聞かれたら、素直に「本当ですね」と返してみると、手をつなぐきっかけができるかもしれませんね。

(3)「暖かいですね」


「暖かいですね」には、「あなたと一緒にいると心が温まる」「あなたが隣にいてくれて幸せです」という意味があります。

あえて少し寒い時に「暖かいですね」と言えば、相手が裏にある意味を読み取りやすくなるかもしれません。

「星が綺麗ですね」を片思いの相手に使ってみよう


「星が綺麗ですね」の意味や粋な返し方を知っていると、いざという時に役立ちます。

「あなたに憧れています」という意味なので、「あなたのことが好きです、愛しています」といった意味の「月が綺麗ですね」よりも、やんわりと相手への好意が伝えられるのがメリット。

また、OKな時もNOな時も、文学的でおしゃれな返し方についても知っておきたいところ。今回紹介した内容を、ぜひ役立ててみてくださいね。

(汐見でこ)

※画像はイメージです

※この記事は2022年07月27日に公開されたものです

汐見でこ

フリーランスのWebライター。美容やファッション、グルメから雑学まで幅広く執筆中。学生時代から現在まで歯科助手としても勤務。恋愛経験は乏しいのに、なぜかいろいろ耳に入ってくる。結婚願望は薄め。最近好きな食べ物はちくわの天ぷら。

この著者の記事一覧 

SHARE