お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

プライドが高い男性が本命に見せる好意のサインとは? 恋愛傾向を解説

#Lily_magazin

プライドが高い男性の本命になるための秘訣

プライドが高い男性は、どのような人に惹かれるのでしょうか。ここからは、プライドが高い男性の本命になるためのポイントを解説していきます。

(1)素直になれない気持ちを理解してあげる

プライドが高い男性は、自分の気持ちや感情をうまく表現するのが苦手です。

「こんなことを言ったらばかにされるのではないか」と必要以上に考えてしまうため、なかなか気持ちを言葉にできないのです。

そんな男性の本命になるためには、彼の素直になれない気持ちを理解してあげましょう。

うまく言葉にできない気持ちを汲んであげることで、ケンカやすれ違いも避けられるはずですよ。

(2)男性が弱っていても気づかないふりをふる

プライドが高い男性は、自分の弱いところを見せたくないと思っています。本命には甘えられることもありますが、基本的には「自分を尊敬してほしい」という気持ちが強い傾向にあります。

そのため、「今日は落ち込んでいるのかな?」と気がついても、あえて触れないことが大切。いつも通り接することで、彼のプライドを傷つけずに済むでしょう。

(3)積極的に愛情表現をする

プライドが高い男性には、積極的に愛情表現をすることも効果的。

プライドが高い男性は自分から好意を示すことが苦手なので、相手からアプローチされることを好む傾向にあります。

プライドが邪魔して素直になれない気持ちを理解してあげることで、男性側も居心地の良さを感じてくれるかもしれません。

プライドが高い男性の本命になりやすい女性の特徴

最後に、プライドが高い男性の本命になりやすい女性とはどのような人なのか見てみましょう。

(1)聞き上手・褒め上手

プライドが高い男性は、「自分の話を聞いてもらいたい」「褒めてもらいたい」という欲求が人一倍強い男性ともいえます。そのため、聞き上手で褒め上手な女性を好きになりやすいでしょう。

このような女性は、「その話、もっと詳しく知りたい!」「すごいね! それってどうやるの?」など、男性の会話を盛り上げて話題を引き出します。

すると男性は気持ち良く話ができ、「認めてもらえた!」とうれしく思うのです。

(2)包容力がある

包容力がある女性も、プライドが高い男性の本命になりやすいでしょう。

プライドが高い男性は、好意を素直に表現するのが苦手で、不器用なところがあります。

それを理解し、不器用なところも認めて愛情を注ぐ懐の深い女性に対し、男性は安心して信頼感を抱くようです。

(3)適度に甘える

プライドが高い男性の本命になりやすい女性の特徴として、適度に甘えられるということも挙げられます。

素直に「会いたい」と言ったり、分からないことを「教えて」と言って頼ってみたり。このような言動が、男性の「必要とされている!」という自信につながるのです。

(4)ストレートな愛情表現ができる

プライドの高い男性が素直になれない分、女性がストレートに愛情表現すると、2人の仲は深まりやすいでしょう。

また、女性の方から素直に好意を伝えると、男性の「振られたら嫌だ」という不安を払拭できるので、アプローチしてもらいやすくなると考えられます。

(5)相手を立てる

プライドの高い男性は、けなされたり否定されたりすることを嫌います。なるべく「かっこいい自分」でいたいので、特に人前ではなるべく立ててもらえると喜ぶでしょう。

そのため、意識して相手を立てる女性も、プライドの高い男性の本命になりやすいと考えられます。

プライドが高い男性の心理を理解しよう

プライドが高い男性を好きになってしまった場合は、その男性心理をよく理解してあげることが大切。

プライドが高い男性は、時に気持ちとは裏腹なことを言うこともあるため、「なぜこんなことを言うのだろう?」「本当はどう考えているのかな?」と気持ちを探ってあげましょう。

上手に彼のプライドを立ててあげれば、「この人といると居心地が良いな」と感じてくれるはずですよ。

(#Lily_magazin)

【相性占い】気になるあの人との今日の相性は?

あなたと気になるあの人の相性はどのくらい?

12星座を用いて、今日の恋愛相性を5段階評価で占います。

毎日相性占いはこちら

※画像はイメージです

※この記事は2022年05月31日に公開されたものです

#Lily_magazin (恋愛専門編集プロダクション)

片思いを実らせたい、恋人がほしい、結婚したい……。全ての恋する人達に向けたコラムを発信。

異性に対する接し方やお悩み相談など、恋愛に関するノウハウをお届けします。

この著者の記事一覧 

SHARE