お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

恋愛占いってホントに当たるの? 女性501人に実態を調査

#トレンドニュース

エボル

ウェブスターマーケティングが運営するLoveMA(ラブマ )は、「恋愛占い」に関するアンケート調査を実施しました。

「気になる相手の気持ちが知りたい」
「元カレの気持ちを取り戻したい」

そんな恋愛の悩みがあるときに、ふと目にとまるのが「恋愛占い」です。世の中に存在するたくさんの恋愛占いは、果たして実際に当たるものなのでしょうか。

今回ラブマは、恋愛占いをしたことがある女性501人を対象に「恋愛占い」についてアンケート調査を実施しました。

恋愛占いをするのは「気になる人がいるとき」

恋愛占いをするタイミングを聞いたところ、1位は「気になる人がいるとき」(154人)でした。

2位「恋人とうまくいっていないとき」(115人)、3位「出会いが欲しいとき」(108人)、4位「結婚について考えたとき」(56人)と続きます。「気になる人がいる」「出会いが欲しい」「失恋した」など、「恋人がいないとき」に占いを利用する人が多くなっています。

一方、恋人がいる状態で占いを利用するのは、「うまくいっていないとき」「結婚を考えるとき」など。つまり恋人との別れや結婚など、大きな決断を下す場面で占いを利用しているとわかります。

また、「楽しみとして占いする」という人も10人いました。

恋愛占いで当たったことがある人は58.7%

恋愛占いで当たったことがあるかを聞いたところ、「ある」(58.7%)、「ない」(41.3%)と当たった人が多くなりました。

占いについては「占い師は誰にでも当てはまることを言う」「適当な結果を伝えても、一部の内容は当たる」という意見も。ただ「ピタリと当たった」と感じた人も多くいました。

当たったことがある人の回答

・「外国人に縁があると言われて、その日に素敵な出会いがありました」(20代)
・「『あなたこれから告白されるわよ』と言われてから1カ月後に本当に告白されて付き合うことになった」(30代)
・「出会いがなく結婚できるか不安だったときに占ってもらって『結婚する年』『相手の職業』『年齢』が当たっていました」(30代)

外れた人の回答

・「『別れる』といわれたけれど、続いている」(20代)
・「『連絡が取れなくなった彼氏から3カ月後に連絡が来る』と言われたけれど来なかった」(20代)
・「『今現在付き合っている彼氏と結婚できるか』と相談しました。『今の彼は無理だ』と断言されたのですが、結婚して仲良く暮らしています」(30代)

占いが外れた人からも、ポジティブ・ネガティブ両方の占い結果について「外れていた」という体験談が寄せられました。

信用できる恋愛占い1位は「タロット占い」

信用できる恋愛占いを聞いたところ、1位は「タロット占い」(171人)でした。2位「手相」(101人)、3位「占星術」(51人)、4位「生年月日占い」(45人)と続きます。「タロット占い」「霊感・霊視」など、タイミングや運に左右される「卜占(ぼくせん)」に属する占いを選んだ人が多いようです。

「占いの方法にはこだわらず、有名な占い師や評判の高い占い師を信じる」という人は16人。また「種類問わず、オンラインでの占いよりも対面での占いのほうが信用できる」という意見もありました。

まとめ

恋や結婚に悩むと利用したくなるのが「占い」。「占いなんて当たらない」「信じない」という人もいますが、実際には「当たった」と感じている人も多数いました。占いをきっかけに行動してみることで、恋人ができたり、元カレへの未練を吹っ切れたりする効果もあるでしょう。

占いに振り回されて自分を見失うのはよくありませんが、判断に迷ったときにアドバイスのひとつとして占いを活用してみるのはいい方法かもしれません。

調査概要

調査対象:恋愛占いをしたことがある女性
調査期間:2022年4月27日~5月10日
調査機関:自社調査
調査方法:インターネットによる任意回答
有効回答数:501人
調査対象者の年代:10代 1.4%/20代 34.5%/30代 41.9%/40代 15.6%/50代以上 6.6%
詳細:https://lovema.jp/koikatsu/renai-uranai

(エボル)

※この記事は2022年05月28日に公開されたものです

エボル

ネットを中心にさまざまなサービスやビジネスを創造する企業。特にコンテンツ開発分野においては、さまざまな分野で活躍する多彩なライター陣と経験豊かなエディターを中心に各ネットメディア向けて最適化された、品質の高いコンテンツを企画制作しています。マイナビウーマンではニュース記事を担当。
http://e-vol.co.jp
http://pro-web.jp

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#トレンドニュース」をもっと見る

MORE

SHARE