お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

30代の婚活は難しい? 20代の頃と比べた実情

【特集】30歳で人生変わる?

E子

恋愛、結婚、出産、キャリア……30歳を目の前にした女性に降りかかる悩み。「30歳」ってどうして節目に感じるんだろう? 「普通の人生」を送るには、「普通の大人」になるには30歳で何か変わらなくちゃだめなの? そもそも令和の今、「普通の人生」「普通の大人」って何? 30歳を目前にした悩める女性を応援する特集です。今回は「一生婚活宣言」を掲げる恋愛コラムニスト・E子さんに「30代の婚活」について語ってもらいます。

20代も後半に差し掛かると……いや、20代半ばくらいから、耳にタコができるほど言い聞かされてきました。

「(女性の)婚活は20代が勝負」「30歳を超えると女性の価値は無くなる(恋愛市場での)」

と。

つまり、20代前半が女性の市場価値のピークであること。そのことに30歳を過ぎて気づいては時すでに遅しなので、早めに気づいて早めに婚活してしまわないとダメだよ!! という、ありがたいアドバイスなのでしょう。

しかし、誰もが必ず迎える「30歳」という年齢。どんなにアンチエイジングを試みたって、どんなに魅力的な人だって必ずなってしまう「年齢」という基準で、「市場価値が無くなる」と決めつけるのはあまりに乱暴な呪いだなと思うのです。

30歳を超えると婚活の難易度は上がる?

これだけ多くの人から一生懸命に忠告されるくらいですので、30歳を超えると婚活の難易度は一気に上がってしまうのだろうと、私も想像していました。恋愛はもちろんですが、「結婚」ともなれば男性も女性の年齢を重視します。

人気男性はいくらでも新規の出会いがある中で、わざわざとうが立った30代女性を選ぶ可能性は低いんじゃないか。30代女性を選ぶのは、20代には相手にされないような非モテ男性ばかりか、非モテ男性でさえ「30代女性とはわざわざ出会いたくない」と考えるのではないか……。

アプリでも結婚相談所などでも、出会いたい異性を条件で絞り込むことができます。「20代」で絞り込まれてしまったら、どんなに若々しく見える女性でも、つい昨日まで20代だった30歳なりたての女性でも、男性の目に触れることさえなくなってしまいます。「出会いが無くなる」というのは、婚活でもっとも恐れるべき事態であり、女性が30歳を超えるとそのような状態に簡単に陥ってしまう。と、想像ができるのです。

しかし、実際に自分が30歳を超えてみて、また、周囲の30歳以上の女性の婚活を間近に見ることができるようになった今、上記の想像はまったくもって現実離れしていたと気づきました。

そもそもアプリや婚活パーティー、さまざまな手段を使えば、「婚活」において「出会い」は過剰供給されています。20代の頃は確かにもっと「モテて」いたかもしれません、アプリに登録すれば「いいね」の数は200や300を簡単に超えてしまい、アプローチしてくれた全員と会うことはできません。

この事実は30歳を超えても同じで、アプローチしてくれる男性全員としっかりと向き合うことはできません。まだまだ、出会いが供給過剰です。

そのような中で、「20代の女性が良い」というこだわりを持つ男性と出会う機会は無くなります

たしかに20代の頃、出会う男性の中には「女性は若ければ若いほどいいと思ってる。だから年下の女性を探しています」というようなことを直接言ってくる人もいました。彼らは、「私」という個人に魅力を感じてくれたのでしょうか? 私の「年齢」に魅力を感じていたのではないでしょうか。いずれ私も、必ず30代になる、そして40代にもなる。なのに、「いま20代だから」という理由で結婚相手候補になるのでしょうか……?

なんだか違和感がありますよね。

婚活は30代になってからでは遅い?

「女性の価値は年齢だから、婚活市場で勝ちたいならば他の女性よりも早く着手しなければならない」

このもっともらしい意見を信じて、私もかなり若い時に婚活市場に繰り出しました。同じ条件の女性ならば、35歳になってから婚活をするよりも25歳で婚活する方が、よりレベルの高い男性との結婚を狙えるのではないか……と考えたからです。

結果、25歳で婚活をしても、そう簡単には結婚に至りませんでした。当時の私は自分では結婚願望があると思っていましたが、心のどこかで「今この人との結婚を見送っても、まだまだチャンスはある」と思ってしまっていたのかもしれません。決め切ることもできませんでしたし、ピンとくる人と出会えなかったのかもしれません。しかし、「〇歳までには結婚したい」などと数字で区切って婚活をするべきではないと考えるようになりました。結局はめぐりあわせなので、ピンとくるまでは結婚はできません。

周囲は結婚適齢期についていろいろ言ってくるかと思いますが、実際には適齢期は人それぞれ。状況によっても変わるでしょうし、実際にはピンとくる人と出会うかどうかが大きいのではないでしょうか。だとすれば、「〇歳だから」と焦ったところで、仕方がないですよね。

何歳だから遅すぎる、とか、何歳でしたほうが有利、なんてことは結局あまり気にする必要のない要素なのです。

30歳を超えてからの婚活人生

結局、体感としては「30歳を超えてモテなくなる」ということはまったくありませんでした

むしろ、世の中の男性が「女は20代じゃないと価値が無い」という考えの人ばかりではない、ということは30歳を超えて初めて気づいたことです。「あまり年下すぎるよりも同世代の女性がいい」という男性も結構います(しかもマトモな人が多いです)。

さらに、20代の頃よりも出会いの質は良くなりました。明らかに遊び目的の男性や、とにかく若い女がいい、という男性からのアプローチが減り、純粋に結婚を考えて真面目に付き合えるようなマトモな男性と出会う機会が多くなったなと感じます。

もちろん、出会いの質の変化についても、個人差があるでしょう。万人に対して「20代のほうがモテる」とか「30代のほうがどうたら」という定説のようなものが当てはまるわけではありません。その人の人生はその人の人生です。どんな歩み方をするかで人生は変わるでしょう。

周囲に惑わされず、自分の人生をしっかり歩んでいれば、年を重ねることは怖いことではないはずです。自分の将来を明るいものにするために、“今”をしっかりと生きていきたいですね。

(文・E子、イラスト・フルカワチヒロ)

※この記事は2022年03月12日に公開されたものです

E子

婚活・恋活を趣味とし活動を続ける30代独身こじらせ女。

いよいよおかしくなりつつある恋愛観が、ツイッター(@escape_no_e_yo)で女性たちに無駄に共感されている。好きな食べ物はダントツで納豆。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「【特集】30歳で人生変わる?」をもっと見る

MORE

SHARE