お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

合コンでモテる自己紹介は? 第一印象がアップするコツ(例文つき)

たむたむ

初対面の人と会話をする合コンでは、自己紹介が必須。普段自己紹介をする機会が少ないと、何を話したら良いか分からないですよね。今回は合コンでの第一印象を上げる自己紹介のコツと、NGポイントを解説します。

初めて会う異性と交流する場である合コン。まずは自己紹介からの流れは鉄板であり、もはや逃れられないステージです。

しかし、自己紹介をする機会が少ないと、一体何を話して良いのか分からなくなるもの。

そこでこの記事では、合コンでの第一印象をアップさせる「自己紹介のコツ」を解説していきます。

印象を左右する自己紹介をばっちり決めて、異性に興味を持ってもらいましょう!

避けておきたいポイントについても触れているので、NGな自己紹介にならないよう気をつけてくださいね。

自己紹介の前に知っておきたいこと

自分のことを話すのはなんとなく恥ずかしい……と思っている人は多いかもしれません。

しかし、自己紹介の内容を意識する前に、知っておいてほしいことがあります。

それは、「話す姿勢が大事である」ということです。ここではまず、話し方のポイントを紹介します。

(1)小声にならないようにする

恥ずかしい気持ちが前面に出てしまうと、もじもじしたり小声になったりしてしまいます。

そうすると、何を話しているのか分からないので、名前や性格を知ってもらう機会が減ってしまいます。また、暗い印象を抱かれる可能性も。

そのため、全員に聞こえる声で話すように意識してみてください。

(2)話題を盛り込みすぎない

頑張って話そうとするのは良いことですが、あれもこれも話さないとと思って支離滅裂な内容になっていませんか?

自分のことを知ってもらう自己紹介ですが、何でもかんでも話せば良いというものではありません。

相手に伝わりやすいように内容を作らないと、よく分からない人という印象になるかもしれません。今後の話題につなげるためにも、自分についてザックリ分かるくらいの内容に留めておきましょう。

(3)1人で突っ走らない

テンパってしまい早口でいろんな話をしたり、面白いと思ってだらだら話したもののオチがなかったり……。そのような1人よがりの内容にならないよう気をつけましょう。

緊張のあまり周りが見えなくなると、このような状態に陥りがちです。1人で突っ走りそうになったら、まずは深呼吸して気持ちを落ち着かせてください。

話している間は、相手の表情や反応を観察しておくと、冷静な状態で話をしやすくなるでしょう。

次ページ:自己紹介に盛り込むと好印象! おすすめの話題4つ

SHARE