お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

付き合う前の2回目のデート! 4つのポイント&男女別の心理状況

#Lily_magazin

付き合う前の2回目のデート。初デートとは違い、お互いに少し打ち解けた状態で迎えるデートですが、気をつけるべきポイントもあります。今回は、付き合う前の2回目のデートで気をつけたいポイントや、男女の心理状況を紹介します。

恋愛を成就させるためには、2回目のデートを成功させられるかが大切。

2回目のデートでは、初デートとは違ったポイントに気をつけなければいけません。

この記事では2回目のデートで守るべきポイントと、相手の心理状況について紹介していきます。

付き合う前の「2回目のデート」のポイント

初デートが成功したら、次は2回目のデート。

2回目のデートでは、初デートの内容を踏まえたいくつかのポイントについて気をつけなければいけません。ここからは、付き合う前の2回目のデートで気をつけたいポイントを紹介します。

(1)初デートから間隔をあけない

まずは約束をする際のポイントです。初デートの時に次の約束ができなかった場合でも、1~2週間以内を目安に2回目のデートに誘いましょう。

初デートから間隔があくと、楽しかったデートの思い出も薄れてしまいます。2人の雰囲気が盛り上がっている内に、2回目のデートに誘うことが大切です。

(2)ゆっくりと話ができる場所を選ぶ

2回目のデートでは、初デートで踏み込めなかった話を聞いてみましょう。

将来観や価値観は合うか、お互いのことをゆっくり話すことで交際後のイメージがつかめるかもしれません。

カフェやレストランなど、食事を交えながらゆっくりと会話を楽めるデートがおすすめです。

(3)初デートでした話題に触れる

2回目のデートでは「この前おすすめしてくれた映画見たよ」など、最初のデートでした話題に触れましょう。

共通の話題で盛り上がれることに加えて、「何気ない会話も覚えていてくれたんだな」と相手に好印象を与えられます。

(4)恋人気取りをしない

いくら初デートが盛り上がったとしても、まだ恋人同士ではありません。2回目のデートで恋人のような振る舞いをしないように気をつけましょう。

気軽に相手に触れたり、急に距離感をつめたりすることで、相手の気持ちが冷めてしまう場合もあります。

次ページ:2回目のデートをする時の心理状況

SHARE