お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

告白されて振ったあとの男性心理とは? 成就させる方法も解説

#Lily_magazin

告白をして振られても、すぐに諦めるのは難しいもの。どうしても恋を成就させたいなら、振ったあとの男性心理を知ることで恋をかなえられるかもしれません。この記事では、告白されて振ったあとの男性心理と、彼に振り向いてもらうためにできることを紹介します。

大好きな彼に告白をしたけど振られてしまった……そんなあなたは、今とてもつらく悲しい気持ちになっているかもしれません。

また、「次に彼と会った時、どんな顔をしたら良いのだろう」と不安を感じている人もいるでしょう。でも実は、彼もあなたの告白のあとにたくさんのことを考えているかもしれません。

そこでこの記事では、告白されて振ったあとの男性の心理について解説します。振られたからといって、そこで諦めてしまうのはまだ早いかもしれませんよ。

告白されて振ったあとの男性心理5つ

あなたを振ったあと、彼はどのような思いでいるのでしょうか。ここでは、女性に告白されて振ったあとの男性心理を解説します。

(1)罪悪感を抱いている

告白して振られた側はもちろんつらい気持ちになりますが、振った側である彼も、同じくつらい気持ちになっているかもしれません。

自分に寄せてくれた好意を断るのは、多少なりとも相手を傷つけるもの。それを分かっていながら告白に対してNOと言うのは、とても心苦しいことでしょう。

「頑張って告白してくれたのに、受け入れてあげられずに申し訳なかった」「今ごろ泣いていたらどうしよう」と、彼はあなたに対して罪悪感を抱いているかもしれません。

(2)突然あなたが気になるようになった

彼があなたを恋愛対象として見ていなかった場合でも、告白を機に突然気になるようになる可能性もあります。

いつの間にかあなたを目で追ってしまったり、常にあなたのことを考えるようになったり……。

あなたを意識し始めたことで、「この子にはこんなすてきなところがあるんだな」と、あなたの良い面に気づくかもしれません。

(3)「もし付き合っていたら」と想像する

彼はあなたを振ったあとに「そういえばあのお店好きだって言ってたなぁ」「前に一緒に見た映画の新作、もう見たかなぁ」など、あなたのことをいろいろと思い返しているかもしれません。

振ったあとほどあなたのことが思い出されて、「もしあの時付き合っていれば、こんなデートをしたのかな」と想像している可能性もあります。

(4)振ったことを後悔している

彼はあなたの突然の告白に驚いて、思わず断ってしまったという可能性もあります。

その場合、告白されたあと冷静になってから「何で振ってしまったのだろう……」「だけど今さら『やっぱり付き合おう』なんて言えないよな」とグルグル考えていることも。

このように、振ったあとになってからあなたの魅力を実感し、断ったことを後悔しているかもしれません。

(5)「それでも好きでいてほしい」と思っている

「自分のことを好きだと言ってくれた女性には、いつまでもそのままの気持ちでいてほしい」と思っている男性もいます。

「お付き合いはできないけれど、自分のことは好きでいてほしい」なんて、自己中心的な要望だと思いますよね。

しかし、自分を好きでいてくれる人がいるのは、それほどうれしいことでもあるのです。

次ページ:振られたあとに恋を実らせる方法

SHARE