お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

倦怠期だと彼氏に言うべき? 倦怠期を伝えるリスクや伝え方

夏目椿(夏椿)

倦怠期を感じた時、「私たちって倦怠期なのかな」と彼氏に言うべきかどうか悩む人もいるのではないでしょうか。今回は、伝える派・伝えない派の考えや伝えることのリスク、伝え方について紹介します。

倦怠期を感じた時、彼氏に言うべきかどうか迷いますよね。

「話し合って2人で乗り越えたい」という思いもあれば、「伝えたら彼氏を不安にさせてしまうかも……」という悩みもあります。

ここでは、倦怠期であると彼氏に言うべきかどうか、倦怠期だと伝えるリスクや伝え方を解説します。

倦怠期だと彼氏に言うべき?

倦怠期であることを彼氏に言うべきなのでしょうか?

結論としては、ケースバイケース。自分が今後彼とどのような未来を見据えているかによって、言うべきどうかは変化します。

まず、代表的な伝える派の考えと、伝えない派の考えを紹介します。

伝える派の考え

倦怠期だと伝える派の考えには、下記が挙げられます。

・彼氏にうそをつきたくないから

・態度に出てしまうので、彼氏を不安にさせたくないから

・2人の問題なので話し合いたいから

・伝えないと分からないから

・冷めているのに付き合い続ける意味がないから

・一度距離を置く時間がほしいから

彼氏と長い付き合いで信頼がある場合は伝える、という考えが多めです。

ただ、倦怠期=気持ちが冷めたと思い、別れを視野に入れて伝える人も。

伝えない派の考え

伝えない派の考えには、下記が挙げられます。

・別れを早めるかもしれないから

・彼氏を不安にさせたくないから

・少し待てば倦怠期が終わるかもしれないから

・ケンカになるから言わない

・自分に問題があるかもしれないから

一時の気の迷いかもしれない、別れたくない、ケンカしたくないから言わないという考えが多いようです。

次ページ:彼氏に倦怠期だと伝えるリスク

SHARE