お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人を怒らせた時の対処法とは? 上手な謝り方

すぎうら

好きな人を怒らせて、無視された……。そんな時、どう謝ればいい? 対処法や謝り方のポイントを詳しく解説。嫌われたと思ったら、まずは即行動に移してみてくださいね。

何気ない言動で、好きな人を怒らせてしまった……。そのような失敗は、誰しも一度や二度あるのではないでしょうか。怒らせた原因や怒りの度合いはケースバイケースであるものの、好きな人とは早く仲直りしたいと考えるのは当然のことです。

そこで今回は、好きな人を怒らせた時の対処法を5つ紹介します。

仲直りにつなげる謝り方や、2人の関係の修復は難しいかもしれない3つのパターンについても解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

好きな人を怒らせた時の5つの対処法

好きな人を怒らせてしまったら、一刻も早く仲直りしたいと思うはず。まずはおすすめの対処法5つを紹介します。

(1)好きな人が怒っている理由を考える

好きな人を怒らせてしまった場合、早急にやるべきは、相手が怒っている理由を考えることです。怒っている理由が分からなければ、謝ることすらできません。

理由が分からないまま、表向きだけ謝ろうとすると、かえって怒らせてしまうおそれがあります。相手の気持ちが分かるまでは、安易に謝らない方が無難です。

好きな人が怒った時の自分の言動を思い返してみましょう。どうしても分からない場合には、相手にバレないよう友達へ探りを入れるのもいいかもしれません。

(2)自分の非を認めて素直に謝る

もしあなたに非があった場合は、それを認めて素直に謝りましょう。謝る際に言い訳をしてはいけません。

誠意をもって謝れば、好きな人も許してくれる可能性があります。それでもまだ怒っている場合は、相手の言い分をしっかりと聞きましょう。

(3)意地を張らない

自分にも言い分があるという場合でも、意地を張ってはいけません。自分が悪かった部分はしっかりと謝りましょう。

相手が怒っているからといって、自分も同じだけ怒ってしまっては仲直りができません。

「自分だけが悪いわけではない」「負けたくない」という感情が出てきたら、一旦冷静になり、落ち着いてから話し合いましょう。

(4)怒りが収まらないなら一旦距離を置いて待つ

好きな人が怒って激情に駆られている場合には、一旦距離を置いて怒りが収まるのを待った方が無難です。つまり、冷却期間を設けるということ。

本気で怒っている時は、相手の顔を見たくない、一切連絡を取りたくないと思うこともあります。そんなタイミングで接触を図ろうとすると、好きな人を余計に怒らせるおそれが。

少し時間が経てば、相手も冷静になって「何であんなに怒っていたんだろう」と反省するかもしれません。

距離や時間を置くことで気持ちが落ち着き、謝った際にあっさりと受け入れてくれる可能性があります。

(5)他のことをして気を紛らわす

あまり思いつめず、他のことをして気を紛らわすことも大切です。

好きな人を怒らせてしまったら、「どうしよう」「許してくれるかな」と不安になるもの。最悪の事態を想像して、精神的に不安定になることもあるかもしれません。

思いつめやすいタイプの人は、趣味や仕事に打ち込んで気を紛らわすことも必要です。何かに打ち込んでいると明るい気持ちになれるので、前向きな気持ちで改善策を考えられるようになるでしょう。

きっとあなたが思うより事態は深刻じゃないので大丈夫。まずは、時間の経過によってお互いが冷静になれるまで待ちましょう。

次ページ:好きな人を怒らせた時の謝り方

SHARE