お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

上司が間違えてプライベートなLINEを送ってきた時のスマートな対応

#LINE道場

TETUYA

LINE道場が新しくなって再スタート! 好きな人に送るLINEから、職場の上司に送るLINEまで。毎日使えるLINEテクニックとよくあるLINEのお悩みを、恋愛コラムニストのTETUYAさんが男性目線で解説します!

LINEを使って相手の心をつかみたい、相手と円滑にコミュニケーションを取りたい、と思っても、なんて送ればいいのか悩む女性も多いはず。そんな時に使えるLINEのテクニックを、恋愛コラムニストのTETUYAさんに男性目線で教えてもらいます。

今回は「上司から相手を間違えてプライベートなLINEが来た時の対応法」です。

プライベートの内容を間違えて部下に送ってしまったらすごく恥ずかしいですよね。僕も同じこと過去にありました(苦笑)。送られた側も、一瞬、「えっ」って固まってしまいますよね。

では、もしこんなLINEが送られてきたら部下としてどう対応するのが良いか。

ここで大事なポイントは2つ。1つは、さっき言ったように、こんな時上司はかなり恥ずかしい気持ちでいっぱいのはず。だからその気持ちをうまくカバーしてあげること。

そして、2つ目は上司のキャラクターによって対応を変えること。

その上司が、冗談が通じるタイプか、それとも、通じないザ・真面目なタイプかによって、返信の内容が変わってきます。

以上のポイントを踏まえて、キャラクター別のLINEの返信メッセージを考えてみました。

冗談が通じるタイプの上司の場合

冗談が通じない真面目なタイプの上司の場合

どちらのタイプも内容の砕け具合は違っても、共通して大事なのは、「誰にも口外しない」と伝えること。

上司はただでさえ恥ずかしい気持ちでいっぱいなのに、他に言いふらされるかもという不安まで抱え込んでしまうとさらにつらいですからね。少しでも気持ちが楽になるようにフォローしてあげましょう。

もし、こんなシチュエーションに遭遇したら、まずは上司のタイプを考えて、適した対応をしてくださいね。

(TETUYA)

※画像はイメージです

※この記事は2021年11月04日に公開されたものです

TETUYA

小栗旬似の色気のある声で、恋愛に必要な「人たらし」の極意を、音声プラットフォームアプリ「stand.fm」で配信中。「Radiotalk」では、1500件近く寄せられた恋愛相談に、男性目線のアドバイスを配信中。

stand.fm:https://stand.fm/channels/5fec2ddf1f63b1cf681399a7
Radiotalk:https://radiotalk.jp/program/82246
twitter:https://twitter.com/tetuya_1976

この著者の記事一覧 

SHARE