お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【インスタグラム】ログインせずに見るだけで使う方法 

【方法その2】見る専用のアカウントを作る

続いて紹介するのが、「見る専用のアカウント=見る専アカウント」を作るという方法です。

インスタでは本アカウントに対して4つのサブアカウントを作成が可能です。すでにアカウントをお持ちの方でもサブアカウントを簡単に作ることができます。

新規のサブアカウントを作る際は、「ユーザーネーム」と「パスワード」を入力するだけでOK。アカウントの切り替えをする際も、いちいちログアウトせずに簡単に切り替えができますよ。

ここからは、初めてインスタのアカウントを作成される方向けに、見る専アカウントを作る方法について紹介していきます。

STEP1:メールアドレスを取得

通常インスタのアカウントを登録する方法は以下の3つがあります。

・メールアドレスで登録

・電話番号で登録

・Facebookアカウントで登録

本アカウントを作成する際に電話番号やFacebookアカウントで登録されている方も多いでしょう。そのため、見る専アカウントを作成する際は、メールアドレスで登録するのがスムーズでしょう。

Gmailなど好みのフリーメールでメールアドレスを取得し、インスタのアカウントを作っていきます。

すでにサブのメールアカウントをお持ちの場合は、既存のメールアドレスでアカウント登録をして問題ありません。

STEP2:アカウントを作成

アカウントの作成得方法は、以下の通りです。

1.アプリを立ち上げる

2.「新しいアカウントを作成」をタップする

3.ユーザーネーム・パスワードを設定する

4.「登録完了」をタップする

閲覧専用のアカウントを作る際の注意点

見る専アカウントを作成する際に気をつけたいポイントは、以下の通り。

・スマホ内のメールアドレスやFacebookとの連携をしないこと

・名前や個人が特定できる情報をユーザー名やプロフィールに使わないこと

スマホ内に登録してあるメールアドレスやFacebookなどとの連携は避けましょう。

特にFacebookのアカウントは身バレする可能性がかなり高くなりますので、注意が必要です。

登録が簡単に済むため利用したくなりますが、登録する際は見る専アカウント用にアドレスを作成するのが安心ですよ。

また、アカウント名やプロフィール写真なども誰にも身バレしないような設定を心がけましょう。

見る専アカウントを作るメリット・デメリット

見る専アカウントを作ることによるメリットとデメリットは、以下の通りです。

メリットは「全ての投稿の閲覧やストーリー・ライブの視聴が可能」

見る専アカウントを作るメリットは次の2つです。

・公開された全ての投稿を見ることができる

・配信中のインスタライブも視聴できる

ブラウザから閲覧する場合には頻繁にアラートが表示されますが、見る専アカウントを作った場合は、非公開アカウントでない限り、公開された全ての投稿をチェックできるのが大きなメリットです。

またアカウントを作ってインスタを使用することで、インスタライブやストーリーを視聴できるのもうれしいポイントです。

最近では、投稿よりも気軽にできるストーリーやライブを活用するユーザーが増えています。著名人もストーリーでインスタライブなどのお知らせをすることが多いため、これらの機能が使えるのはインスタを利用する醍醐味といえるでしょう。

デメリットは「足跡がつくこと」

見る専アカウントを作るデメリットは以下の通りです。

・見る専アカウントの足跡はつく

・アカウントを作るまでに時間がかかる

見る専アカウントから投稿者のストーリーやライブ映像をチェックすると、閲覧したことが投稿者に通知される「足あと機能」があります。

投稿者は自分のストーリーやインスタライブを誰がチェックしたかを知ることができるのです。

また、プロフィールやユーザーネームから身バレしてしまう可能性もありますので、ストーリーやライブ映像をチェックする際は注意が必要です。身バレしないためにも、プロフィールの内容に個人情報を盛り込まないようにしましょう。

もう1つのデメリットとして、アカウント作成に時間がかかるというものがあります。

しかし、使用するユーザーネームやメールアドレスがきちんと準備できていればあっという間に登録は完了しますので、そこまで大きなデメリットではないといえるでしょう。

次ページ:【方法その3】Gramhir(Gramho)を使う

SHARE