お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【マッチングアプリで出会えない男女必見】理由と対処法を解説

#Lily_magazin

マッチングアプリで出会えない理由【自己紹介編】

異性から足あとがついたのに、「いいね!」してもらえないことが多い場合、自己紹介文に問題があるのかもしれません。

自己紹介文は、以下のような点を見直していくと良いでしょう。

対処法1.自己紹介の空欄はなるべく埋める

空欄が目立つ自己紹介は、真剣ではない印象を与えてしまいます。また、誰にでも譲れない条件があるはずなので、そもそも空欄だと相手が条件にマッチするかが分からず、「いいね!」をもらうことができません。

もちろん答えたくない質問を無理やり答える必要はないですが、あまりにも空欄が多くなっていないか、チェックしてみましょう。

対処法2.自己紹介文の内容を充実させる

印象が良くない自己紹介文の特徴は、短すぎる、共感できるポイントがないということが挙げられます。

例えば、「始めたばかりですが、よろしくお願いします」のような淡白な自己紹介文は、興味を持ってもらいにくいもの。

自己紹介では、職業、趣味や好きなこと、休日の過ごし方など、あなたの性格や人間性を伝えられるように心掛けましょう!

対処法3.理想の恋愛観を書いておく

理想の恋愛観や、恋人と一緒にやりたいことを自己紹介文に書いておくと、それに共感した人から「いいね!」をもらいやすくなります。

恋愛に対してまじめに、誠実に向き合っているイメージを与えることにもつながるはずですよ。

対処法4.硬すぎず柔らかすぎない口調を意識する

自己紹介文の口調は、硬すぎず柔らかすぎない文体が理想。

例えば、「プロフィールをご覧くださりありがとうございます。ぜひいいねを押していただけるとうれしく思います」は少し硬すぎる印象です。

「何となく始めたけど、使い方が分からん(笑)。とりま飲み行ける人募集中!」は柔らかすぎかも。

まずは敬語がマストです。その上で、あまり硬くなりすぎないようにところどころ絵文字や「!」などの感嘆符を入れるなど工夫すると良いでしょう。

マッチングしやすい自己紹介文の例

マッチングアプリ 出会えない

ぜひ、例文を参照しながら自己紹介文を見直してみてくださいね。

続いては、マッチングアプリで出会いにくいメッセージの例を紹介していきます。

次ページ:マッチングアプリで出会えない理由【メッセージ編】

SHARE