お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マッチングアプリで会話を続ける4つのコツ。鉄板ネタ&内容を例文つきで解説

#Lily_magazin

マッチングアプリで会話を長続きさせるコツ4つ

続いては会話が途切れないようにするコツを紹介します。コツは以下の4つです!

1.相手のプロフィールを見て質問をする

2.相手からの返信に共感したり褒めたりする

3.文章量やテンションを相手に合わせる

4.積極的に名前を呼ぶ

(1)相手のプロフィールを見て質問をする

相手のことをしっかり見ていることをアピールするためにも、プロフィールの内容をよく読んで、そこから質問をするのがおすすめ。

プロフィールをしっかり読んでいることをアピールすると、「あなたのことをもっと知りたい」という真剣な気持ちが伝わるので、メッセージが続きやすいです。

質問の例

・「ディズニー好きなんですね。どのキャラクターが好きなんですか?」

・「パスタ好き一緒です! 私はカルボナーラが一番好きなのですが、○○さんは何のパスタが好きですか?」

(2)相手からの返信に共感したり褒めたりする

自分ばかり話を振るのではなく、相手の返信を掘り下げて共感を示したり、褒め言葉を添えたりするのもおすすめ。

会話の例

・相手:「今日は休みで、寝すぎちゃいました!」

・自分:「今日はお休みだったんですね、いつもお仕事お疲れ様です」(共感)

・相手:「今日は1日中、映画見てました! ○○(作品名)おもしろかったです」

・自分:「その映画、最高ですよね、○○さんは映画のセンスも良いなあ」(褒める)

誰でも共感されたり褒められたりしたらうれしい気持ちになるもの。「自分のことを理解しようとしてくれている」と相手に好印象を与えやすくなりますよ。

(3)文章量やテンションを相手に合わせる

文章量やテンションを相手に合わせるのも大切です。長文には長文で返信し、短文には短文で返信しましょう。

また、メッセージのテンションを合わせるのも重要! 少し真面目な文体が良いのか、フランクな文体なのか。絵文字や顔文字の量など、メッセージの傾向が似ている人とはやりとりしていて心地良さを感じる人が多いです。

例えば、「今日はめっちゃ仕事忙しかった! 即寝したい気分www」というメッセージに、「今日もお勤めご苦労様でした。ゆっくり体を休めてくださいね」なんてメッセージでは違和感がありませんか?

この場合、「お疲れ! ゆっくり休んでね」くらいフランクな文章の方が相手に負担を掛けず、返信をもらいやすいでしょう。

(4)積極的に名前を呼ぶ

積極的に相手の名前をメッセージ中に盛り込むことで、「自分のことを認識してくれている」と相手に感じさせることができます。

複数の人と同時進行でやりとりするマッチングアプリでは、相手の名前を覚えたり、同じようなメッセージを何度も作ったりするのを大変に感じる人が多いもの。

相手もその気持ちが分かるからこそ、名前を呼んでもらうことできちんと自分のことを認識し、真剣に向き合ってくれていると安心感を抱きやすくなります。

また、自分の名前を覚えてもらえるのは単純にうれしいこと。距離も縮まりやすくなりますよ。

会話の例

・お疲れ様です! 今仕事終わりました。○○さんはお仕事終わりましたか?

・この前○○さんが教えてくれた映画、見てみました! すごくおもしろかったです。 ○○(作品名)は見たことありますか?

次ページ:【鉄板ネタ】マッチングアプリの会話におすすめの話題

SHARE