お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マッチングアプリの会話に使える鉄板ネタ15選! 例文つきでコツを解説

#Lily_magazin

マッチングアプリの1回目・2回目デートで使える会話例

メッセージのやりとりをしていざ会うことになったら、緊張してうまく話せるか不安になりますよね。

ここからは、デートで実際に相手と対面した時の会話例を解説していきます。

待ち合わせで出会ってからの会話の切り出し方

マッチングアプリで初めて出会う相手との待ち合わせ、特に緊張する瞬間ですよね。

ようやく出会えたら、以下のように会話を切り出してみましょう。

・無事会えてよかったです! すぐ分かりましたか?

・来てくれてありがとうございます! 会えてうれしいです。

・ここまで遠くなかったですか?

・今日はこの後のご予定はありますか?

無難なのは、「会えてうれしい、良かった」「来てくれてありがとう」のようにうれしい気持ちや相手への気遣いを伝えることです。

どちらから会話を始めるべき?

待ち合わせしてから会話を切り出すのは、男性からでも女性からでも、どちらでも構いません。

お互いが譲り合うような形になった時は、デートに誘った方が「来てくれてありがとうございます」と切り出すと良いかもしれませんね。

カフェやレストランに入ってからの会話の流れ

最初のデートはカフェやレストランでの食事を選ぶ人が多いかもしれません。

お店に入ってからは、以下のような流れで会話を進めてはいかがでしょうか。

STEP1.来てくれたことへのお礼を改めて伝える

STEP2.「緊張しますね」のようなアイスブレイク

STEP3.改めて簡単な自己紹介をし合う

STEP4.メッセージで盛り上がった趣味などの話題

STEP5.次のデートの約束をする

王道の流れは上の5つのSTEP。会話の合間でご飯を楽しみながら、リラックスした雰囲気で進めていきたいところです。

会話すべき時間はどのくらい?

初めて会う時は、1時間~1時間半くらいのデートがおすすめ。

ちょうど会話が途切れる前に解散できるので、気まずい思いをせずに済みます。

会話の盛り上げ方

1~2回目のデートは誰しも緊張しています。会話を盛り上げるために、以下を意識してみましょう。

・笑顔を意識する

・リアクションは大きめにする

・1つの話題に対していくつかの質問をする

会話が途切れた時の対処法

マッチングアプリ経験者なら、会話が途切れてしまって空を見つめる時間を経験したことがある人が多いかもしれません。

会話が途切れてしまったら、以下のような対処法を試してみてください。

・話題を変える
(天気の話など、無難な話題でもOK)

・「すてきなお洋服ですね」のように褒める

・「よかったらまた会えませんか?」と誘う

会話の終わらせ方

デートとなると、会話を終わらせるタイミングも悩んでしまいますよね。

話題が尽きてきそうな時は、以下のように会話を切り上げてはいかがでしょうか。

・今日はもうお開きにして、よければまた今度お話ししませんか?

・そろそろ次の予定があって……、また会えたらうれしいのですが。

会話を終わらせる時にも好印象を残すことで、次のデートにつながりやすくなるでしょう。

最初は話が噛み合わないのが当然かも

マッチングアプリは、まだ実際に会ったことのない2人が仲良くなるためのもの。相手のことを知らない状態からスタートするので、最初は噛み合わなかったり、盛り上がらなかったりするのが普通だと言えます。

「盛り上がらなかったから相性が悪いのかな……」と落ち込みすぎず、「次は○○について聞いてみよう」「話題に上がった映画を見てみよう」のように、前向きな気持ちで相手と向き合うのがおすすめ。

そうしているうちに、「会話が噛み合わないな」と感じていた相手が、大好きな恋人になるかもしれません。

まずは、相手が楽しめる会話を率先して振りましょう。相手が楽しんでくれることで、あなたもメッセージを楽しめるはずですよ。

この記事で紹介したメッセージのコツやおすすめの会話内容を参考に、お互いが楽しめるメッセージ交換を長く続けてくださいね。

(#Lily_magazin)

関連する診断をチェック!

【理想の恋人タイプ診断】あなたが求める恋人像は? 

【出会いの場所診断】あなたの出会いはどこにある?

※画像はイメージです

※この記事は2021年08月30日に公開されたものです

#Lily_magazin (恋愛専門編集プロダクション)

片思いを実らせたい、恋人がほしい、結婚したい……。全ての恋する人達に向けたコラムを発信。

異性に対する接し方やお悩み相談など、恋愛に関するノウハウをお届けします。

この著者の記事一覧 

SHARE