お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

エクセルのシートをコピーする方法は? できない時に考えられる理由

レン

エクセルのシートをコピーする方法は複数あり、覚えておくと便利です。今回は、ショートカットを使ってコピーする方法や、コピーできない時に考えられる理由などを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

エクセルを使っていると、作業の過程でワークシートをコピーする機会は頻繁にありますよね。

ではワークシートをコピーする際、どのような操作で行っていますか?

ここでは、覚えておくと便利なシートコピーの方法や、「コピーができない」という時の理由と対策などについて紹介します。

まだ試したことがないコピー方法があったら、ぜひ試してみて、日々の業務に活用してみてくださいね。

Windowでエクセルのシートをコピーする3つの方法

エクセルのシートをコピーする方法を、画像つきで紹介します。

「右クリックする」「ドラッグしてコピーする」「ショートカットでコピーする」と、ワークシートのコピー方法にはさまざまな種類があります。

それでは1つずつ見ていきましょう。

(1)シートを右クリックする方法

1つ目は、シートを右クリックする方法です。

STEP1:まずはコピーしたいワークシートの名前上で、マウスを右クリックします。

見本の画像では、「テスト」というワークシートを選択しました。

右クリックしてメニューが表示されたら「移動またはコピー」を選択。

STEP2:コピーしたいシートが選択されている状態であるため、名前の周囲が青くなっています。「コピーを作成する」というチェックボックスがありますので、チェックを入れてOKをクリックしましょう。

STEP3:OKを押すとコピーが追加され、コピーしたワークシートの完成です。

初期段階では、コピーしたシート名の後ろにカッコ書きで数字が入っています。

もし名前を変更する必要がある場合は、右クリックして「名前の変更」を選択して、新しい名前を入力しましょう。

(2)シートをドラッグしてコピーする方法

2つ目は、エクセルのワークシートを直接コピーしたい場所までドラッグするという方法です。

「Ctrl」を押しながら、コピーするワークシートを、目的の場所までドラッグします。

黒くて小さい下向きの三角が出ている場所が、コピーされたワークシートの挿入位置です。ドラッグしたまま動かすと場所を変えられます。

ワークシートの場所は、ドラッグすれば後からでも変更が可能です。

(3)シートをショートカットでコピーする方法

3つ目は、ショートカットを使う方法です。

ショートカットを使う方法には2種類ありますので、それぞれ紹介します。

「Alt→E→M」のキーを押す

コピーしたいワークシートを選択した状態で、キーボードを「Alt→E→M」の順番で押しましょう。すると、「シートの移動またはコピー」の画面が表示されます。

コピー後の操作は、右クリックやドラッグする方法と同じです。「コピーする」にチェックを入れてOKをクリックすると完成します。

「Alt→H→O→M」のキーを押す

キーを「Alt→H→O→M」の順で押すことでもシートのコピーが可能です。

「Alt→E→M」と同様に、画面には「シートの移動またはコピー」が表示されますので、チェックを入れてOKを押しましょう。

Macでエクセルのシートをコピーする方法

Excel for Macにおいても、エクセルシートのコピーが可能です。

コピーしたいシートのタブの上で、「OPTIONキー」を押します。

そのまま、表示したい位置までドラッグ。これでシートのコピーが可能です。

次ページ:別ファイルにあるシートをコピーするには?

SHARE