お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

つらい失恋から立ち直るには? 7つの方法

水城みかん

失恋から立ち直る7つの方法

ここからは、失恋から立ち直りたい方におすすめの方法を7つ紹介します。無理をせず、自分にとってハードルが低いところから試してみましょう。

(1)思い出の品を捨てる

失恋相手との思い出の品は、思い切って処分してしまいましょう。その品を見て悲しくなるようなら、それは今のあなたに必要な物ではありません。

写真やプレゼントなど、相手を思い出すものは捨てて、相手と自分はもう何の関係もないのだとはっきり認識するきっかけにしましょう。

(2)冷静に相手のことを思い出す

失恋直後は、「私にはこの人しかいない」と思いがちです。しかし、冷静に過去の記憶を振り返ってみると、「あの人でなくても良かったのでは……?」と思えることもあります。

いきなり相手を失ってしまったためショック状態にあると思いますが、よくよく考えてみると、相手の嫌だった行動や、自分も少し別れを迷っていたことを思い出すかもしれません。

(3)信頼できる人に相談する

信頼できる人に思っていることを聞いてもらうだけでも、気持ちが楽になるものです。悲しい、つらい、苦しいという思いを口に出し、感情を外に出してあげましょう。

そうすることで、気持ちの整理ができるとともに、自分自身の本当の感情に気付くきっかけにもなります。

(4)泣きたいだけ泣く

まだ泣いていない人は、泣きたいだけ泣いてスッキリしましょう。泣くことは、感情のデトックスにつながります。

大人になると、「泣く=情けない、恥ずかしい」と思いがちですが、決してそんなことはありません。泣きたい気持ちが強い時は、自分の感情に素直になって、思い切り泣くのがおすすめです。

(5)趣味に没頭する

趣味や好きなことに集中する時間を意図的につくってみましょう。本を読んだり映画を観たり、簡単なことで構いません。

自分が好きだと感じることに時間を割いて、相手のことを考える時間を徐々に減らしていきましょう。

(6)何か新しいことをしてみる

何か新しいことに挑戦してみるのもおすすめです。

英会話を習い始めたり、一人旅デビューをしたり、何でもいいのでチャレンジしてみましょう。

新しい服を着る、通勤ルートを少し変えてみる、といった簡単なものでもOKです。

今までになかった行動をとることで気分転換になり、気持ちを切り替えるきっかけになります。

(7)終わりを受け入れる

もうこの恋は終わったのだと自分自身で納得できなければ、失恋の悲しみから抜け出すことはできません。

そうでなければ、「また相手が戻ってきてくれるかも」「隣にいられなくてつらい」などと考えてしまい、なかなか新しい恋へ足を踏み出すことができなくなります。

この恋は終わったということをしっかり認識し、失恋したことを受け入れましょう。

失恋から立ち直り新しい恋に向けて歩き出そう

失恋から立ち直るためには、恋が終わったことを受け入れて、新たな道を進んでいかなくてはいけません。

失恋した直後はつらい気持ちが強いと思いますが、少しずつ気持ちを切り替えられるようにしましょう。

相手との思い出を処分したり、何か新しいことを始めてみたり、自分にできそうなことからチャレンジしてみてください。

失恋から立ち直り、新しい恋に向けて歩き出す準備をしていきましょう。

(水城みかん)

※画像はイメージです

※1 マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年2月22日~2月23日
調査人数:235人(22~34歳の働く未婚女性)

 

※この記事は2021年08月23日に公開されたものです

水城みかん

愛媛県出身のライター・経理。取り寄せグルメが生きがいのひきこもり。在宅仕事のみで生きてます。経理の経験を生かした確定申告や節税、経理系の記事が得意。IoTやライフスタイル系の記事も執筆中。趣味は投資と漫画。将来の夢は田舎で猫と暮らすこと。

この著者の記事一覧 

SHARE