お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

年の差婚で後悔する瞬間はある? 後悔しないためにできること

年の差婚で後悔しないためのポイント【男性が年下の場合】

男性が年下の場合の年の差婚では、女性は「私がしっかりしなくては」「私が我慢すれば済む」と考えがち。しかし長い結婚生活、本当に自分が我慢すれば円満に済むのでしょうか。

卑屈に考える前にすべきことはたくさん。ここでは、男性が年下の場合の年の差婚で後悔しないためのコツを紹介します。

(1)心身共に若さを保つ

「若さを保つ」とは、無理に若づくりをするのではなく、健康的な生活を送るということです。運動や食事、生活習慣を見直して、若さをキープしましょう。

不健康な生活は、老いを加速させてしまいます。実年齢マイナス5歳を目標にすると良いでしょう。

(2)嫉妬せず包容力で勝負する

若い女性に嫉妬しないことも、大切なポイントです。年下の若い女性に嫉妬したところで、年齢差は努力では埋められません。年上女性ならではの包容力で勝負しましょう。

年下夫が遊びに行く際に「どこ行くの」「誰と遊ぶの」と縛りつけるのはNGです。「楽しんでおいでね」と快く送り出すことで、相手も「この人と結婚して良かった」と思ってくれるはずです。

(3)出産・育児について話し合う

お互いに子どもを望む場合、出産にはタイムリミットがあることを夫に理解してもらいましょう。年下男性が「そろそろ子どもが欲しい」と思った時に、妻側が妊娠しにくい体になっている可能性を踏まえて話し合うことが大切です。

とはいえ、妊娠が難しいとしても悲観的になる必要はありません。子どもがいない人生を前向きに捉え、2人で幸せになる道を考えましょう。

(4)相手のプライドを尊重する

年下であっても、夫を1人の男性と意識して接することが大切です。「年下だから無理よね」「分からないよね」という諦めモードは、相手の心を傷つけてしまいます。また、夫の家族の前で夫を尻に敷いたり、明らかに見下したりするのは避けましょう。

夫婦は支え合っていくもの。力仕事や体力が必要な場面では素直に頼るなど、「持ちつ持たれつ」の関係を意識しましょう。

年の差婚を後悔するより気持ちを変えてみよう

今回は、年の差婚を後悔した瞬間と年の差婚のメリット、年の差婚を後悔しないためのポイントを詳しく解説しました。大事なのは、年の差ではなくお互いを思う気持ちです。

年の差があるからと卑屈に考えていませんか? 年の差があるからと最初から諦めてしまっていませんか?

年の差婚を後悔するよりも、気持ちのあり方を少しだけ変えてみて、年の差婚の後悔から自分を解放してあげましょう。

(律)

関連する診断をチェック!

人の気持ちが分かる? 「思いやり度」診断

※画像はイメージです

※この記事は2021年08月20日に公開されたものです

猫とリラックマと読書が好きなフリーランスライター。1日1冊とまではいかないが、3日に1冊ペースで本を読む読書好き。
好きな小説家の影響を受けて、仕事の合間に小説を書くようになる。過去に応募した小説コンテストでは受賞歴もアリ。
20代の頃は恋愛をこじらせたことも多々あったが、現在は結婚してだいぶ落ち着き、湖の近くの家で静かに夫婦暮らしを満喫している。

この著者の記事一覧 

SHARE