お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

同期の中で恋愛関係が複雑に……。気まずい関係をどう乗り切る?

#お仕事ハック

ヨダエリ(コラムニスト)

仕事で大成功を成し遂げたいとか、そんな大それた野望はないけど、なんとなくうまくやりたい。いつもの働き方を小さくアップデートする「お仕事ハック」を紹介します。

今回のお仕事ハックは「同期の中で恋愛関係が複雑になってしまった」とのお悩みに、コラムニストのヨダエリさんがアドバイス。

同期の中で恋愛関係が複雑になってしまった

最近私は同期の彼と付き合うことになりました。でもその彼、実は他の同期の子とこの前まで付き合っていたようなんです。しかも彼はその子と別れてすぐ私と付き合うようになったそうで……。

もしその子が今の私たちの関係を知ってしまったら気まずくなってしまうのではないかと思うと怖くて、別れた方がいいのか悩んでいます。どうすれば良いのか教えてください。

えっ、別れを考えている? 付き合うことになった彼が最近まで他の同期の子と付き合っていて、気まずくなるかもしれないから?

……いや、考え方は人それぞれなので全然いいです、いいのですが、気まずくなるのが怖いという理由で撤退するのは、この件に潜む問題の本質から、ちょっと外れているような。

気まずく……なるかもしれませんね、確かに。もし2人がお互い納得して穏やかに別れたわけではないなら、なおのこと。

でも、そこであなたが気をもむことはないですよね。いや、気をもんでしまうのは分かります。あなたとしては、彼も同期の女性もむげにはできないでしょうから。でも、何か違うというか……。

……要は、あなたがこんな風に悩む前に、彼が状況をきちんとあなたに説明すべきなんですよ!!

彼は、別の同期の子とつい最近まで付き合っていたことを、あなたと付き合うことになるまで黙っていたわけですよね。

もちろん、過去の恋愛について最初から全てを話す必要はないと思います。でも、元カノが同じ職場の同期となれば、話は別。まだ彼に未練がある元カノ(同期)から謎の視線があなたに注がれることだってあり得るわけで。「えっ、私何かした?」とあなたが悩み始めることだってあり得るわけで。

……というわけで、取るべき行動は一つです。彼に聞きましょう。「なぜもっと早く教えてくれなかったの?」と。

たぶん、「言おうと思ったんだけど言いづらかった」的なコメントが返ってくると思うので、そこでさらに聞きましょう。「なんで言いづらかったの?」と。

ここで彼がどう返すか、どう説明するかが、今回、焦点を当てるべきポイントです。

もし、彼の説明や受け答えにモヤモヤする、誠意を感じない、今後が不安になってきた……という場合は、付き合うのはいったん保留にしてもいいと思います。考える時間をもらってから、どうするかを決めましょう。

逆に、彼の説明を聞いた上で、やっぱり好きだな、付き合いたいなと感じた場合は、そのまま付き合っていいのでは。正直、付き合う前からあなたを不安にさせる男性ってどうなのよとは思いますが、2人にしか分からない引力ってあるので。

付き合うと決めたなら、同期と気まずくなっても気にしない! 職場恋愛をする時点で、何らかの気まずさは発生します。それはもう仕方がないこと。そして、思いがけず誰かを好きになってしまうのも仕方がないこと。

大事なのはその後です。「大人なんだから」と自分に言い聞かせ、気まずさは表に出さず、同期の子とは今まで通りフレンドリーに接しましょう。大丈夫、どうにかなります。あなたは何も悪いことをしていないんだから、怖がる必要はないですよ!

Point.

・同期と付き合っていたのをなぜ今まで黙っていたのか、彼に聞いてみよう
・その受け答えや説明にモヤモヤした場合、交際は保留に
・やっぱり好きだなと感じた場合は、付き合い続けてOK
・気まずさを表に出さず、同期とは今まで通りフレンドリーに接していこう

(文:ヨダエリ、イラスト:黒猫まな子)

※この記事は2021年08月10日に公開されたものです

ヨダエリ(コラムニスト)

コラムニスト/恋愛アナリスト。慶應義塾大学文学部卒業後、PR会社勤務を経てフリーに。思春期はドイツ在住。メトロセクシャルについて分析したコラムが『AERA』『anan』など多数の媒体で話題になると同時に、携帯サイトで連載していた恋愛相談コラムが口コミで人気に。現在は新聞・雑誌・ウェブでライフスタイルやトレンド、男女の心理にまつわる記事を執筆するかたわら、エキサイトお悩み相談室で電話相談も実施。著書に「その恋、今のままではもったいない!」(情報センター出版局)「今度こそ『信じられる人』と恋愛する本」(すばる舎)「本命カノジョ研究所~ダヨリンの恋愛相談室~」(電子書籍)など。

●ブログ「cafe dayorin」
https://ameblo.jp/dayorin/

この著者の記事一覧 

SHARE