お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「拝見する」は正しい敬語? 使い方の例文つき解説

Sai

「拝見する」の使い方と例文

ビジネスメールや取引先との商談時などにおいて使用する機会が多い「拝見する」という言葉。正しく使えば丁寧な印象を持ってもらえますが、使い方を間違えると「常識がない」と思われてしまうかもしれません。

ビジネスシーンなどでの誤用を避けるためにも、「拝見する」の使い方や例文を確認しておきましょう。

物を受け取った時などに使う場合

「拝見する」を最もよく使う場面として、目上の人や取引先などから資料や文書を受け取ったシーンが挙げられます。

例えば、見積書や企画資料を受け取った時に「拝見します」と言って見ると、丁寧で礼儀正しい人だという印象を持ってもらえるでしょう。

よくあるフレーズをいくつか紹介するので、参考にしてみてください。

例文

・メールの内容を拝見しました。一度社内で検討させていただきます。

・資料を拝見したところ、とても素晴らしい企画だと感じました。

・書類を受け取りましたが、ただいま外出しておりますので戻り次第すぐに拝見します

人に会った時に使う場合

「見る」だけではなく「会う」の謙譲語でもある「拝見する」は、目上の人や憧れの人に会った時などにも使用されます。

この場合は「お顔を拝見する」などという言い方をし、「遠目で見た(見かけた)」という意味で使うのではなく、実際にあいさつをしたり顔を合わせて対話したりした時に使うのがポイントです。

具体的な使用シーンをイメージするためにも、例文を確認しておきましょう。

例文

・久しぶりにお顔を拝見しまして、うれしい気持ちになりました。

・元気なお姿を拝見することができ、安心いたしました。

・いつもテレビや書籍などで拝見していました。お会いできて光栄です。

次ページ:「拝見する」の類語

SHARE