お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

いつまでできる?  Gmailで送信取り消しをする方法

moeka

送信取り消しの際に注意すべきこと

Gmailで送信取り消しを行う際には、リミットがあることに注意しておかなければなりません。

メールを送信してから最大30秒は送信取り消しが可能ですが、30秒を超えてしまったら取り消しができないので注意しましょう。

また、設定した「送信取り消し時間」の間は、メールが送信されません。その間にエラーが起きると、気付かない間にメールが下書きトレイへ移ってしまうことがあります。

そのため重要なメールであるほど、しっかり送信できているかを確認する必要があります。

送信取り消しすると相手の受信トレイはどうなる?

送信取り消しに成功すれば、相手(受信側)の受信トレイにはメールが届きません。

通知されることもなく、元々メールは送られていなかったことになります。

次ページ:誤送信を防ぐための「予約設定」活用方法

SHARE