お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ペアーズで会う前に電話するメリットは? 通話機能と注意点も紹介

マッチングアプリ虎の巻【pairs(ペアーズ)編】

すぎうら

Pairs(ペアーズ)でマッチングした相手と、実際に会う前に電話をして、雰囲気や相性を確認したい。そう考えたことはありませんか? 今回は電話をするメリット・デメリットと注意点、Pairsの通話機能「ビデオデート」について紹介します。

Pairsでマッチングした相手と初めて会う前に、電話で話すべきか悩んでいませんか?

会ったことがない相手と電話するのは緊張しますし、電話番号を教えたくないと思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、会う前に電話をすることで得られるメリットは大きいです。

そこで今回は、電話をするメリットや具体的な方法について詳しく解説。また、電話番号を交換したくない人に最適な、Pairsの通話機能「ビデオデート」についても紹介します。

Pairs(ペアーズ)で会う前に電話する4つのメリット

Pairsでマッチングした相手と、初めて会う前に電話をするメリットを紹介します。

会ったことのない異性と電話をするのは、緊張しますよね。しかし、得られるメリットを考えると、勇気を出して電話してみようと思えるかもしれません。

(1)相手の雰囲気や性格が分かる

電話をすることで、プロフィールやメッセージからでは分からなかった相手の雰囲気や性格が見えてきます。

話が合うかどうかも、文章でやりとりするより分かりやすいです。会うかどうか悩んでいる時の判断基準にもなりますよ。

(2)会話が盛り上がるかで相性が分かる

会話が盛り上がるかどうかで、2人の相性が分かります。

会話が盛り上がれば、実際に会っても相性が良い可能性が高いです。また、話が合うかだけでなく、喋り方や話すテンポも相性を判断する材料となります。

メッセージでは盛り上がっていたのに、電話で話したら会話が続かないこともあります。この場合は、実際に会っても会話が盛り上がらない可能性が高いです。

電話の段階で分かれば、会うのをやめるという選択肢も出てきます。

(3)2人の距離が縮まる

電話をすることで、相手との距離が一気に縮まります。

メッセージはタイムラグがある一方、電話はリアルタイムでやりとりができます。

メッセージだけでも仲良くはなれますが、得られる情報量の多さでは、やはり電話にはかないません。

事前に電話をして距離が縮まれば、安心してデート当日を迎えられます。直前になって心変わりされることも少なくなるので、ドタキャンを避けたい人は、一度は電話で話しておくのがおすすめです。

(4)サクラや業者でないことが分かる

電話をすることで、相手がサクラや業者でないかを判断できるというメリットもあります。

Pairsにサクラはいないものの、勧誘や他サイトへの誘導を目的とした業者が紛れ込んでいることも。

業者は面倒なことを嫌うため、電話で直接話すことを嫌がります。もし電話に応じたとしても、話し方や内容で判断できることが多いでしょう。

また、電話をすることで、ヤリモクや既婚者を見分けられる可能性もあります。そもそも既婚者は電話を嫌がる傾向にあるため、電話に応じてくれないケースが多いです。

次ページ:Pairs(ペアーズ)で会う前に電話する3つのデメリット

SHARE