お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

キスマークの付け方のコツと注意点は? 部位別の意味も解説

#Lily_magazin

簡単かつ上手にキスマークをつける方法とは? 大切な相手には痛くないキスマークを付けたいもの。そんなコツを注意点と共に、恋愛情報を発信する#Lily_magazinが解説します。ハート型のマークを付けるには? など応用編も押さえていきましょう。

「キスマークを付けたいけど、どうやって付けるのか方法が分からない……」こんな悩みをこっそり抱えたことはありませんか?

キスマークは男性・女性問わず、愛するパートナーへの大きな愛情表現。しかし、付け方を知らないと、せっかくのムードを台無しにしてしまうかもしれません。

そこで今回は、上手なキスマークの付け方や注意点、部位別で見るキスマークの意味について解説します。ぜひチェックしてみてください。

 

まずはキスマークのメカニズムを知ろう

そもそもキスマークとは、どのようなものかご存知でしょうか。

キスマークは、肌を唇で吸うとできる、赤い痕のことを指します。この赤い痕は、肌を吸うことにより発生した「内出血」によるものです。

そのため、キスマークは優しくキスをするだけでは付きません。内出血を起こす程度に吸い付く必要があるので、多少の痛みを伴う場合もあるでしょう。

このようにキスマークは、言い換えると「体を傷付ける行為」という側面もあります。パートナーにつらい思いをさせないために、上手なキスマークの付け方や愛情表現の仕方を覚えましょう。

次ページ:キスマークの付け方とは?

SHARE