お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

仕事に行きたくない。ストレスを上手にケアする方法

#犬山の遠吠え!やってまーす

犬山紙子

エッセイスト・TVコメンテーターとして活躍する犬山紙子さんが、恋愛・人間関係・趣味などあらゆるテーマで語るラジオ『犬山の遠吠え!やってまーす』。本連載では番組内のトークを言葉にし、音声と共にお届けします。今回は2021年5月7日放送分から。

『犬山の遠吠え!やってまーす』今回の番組トーク音声はこちら

こんばんは、犬山紙子です。

ゴールデンウィークも終わって、だんだん新しい環境の中でちょうど疲れが出てくる頃ですね。体がしんどい、精神的に落ち込む方も増えてくるのではないでしょうか。

この時期の仕事って、正直行きたくないですよね(笑)。本当につらい人は無理せずお休みを取ってもいいと思います。

公認心理師が教えるストレス解消法

先日、公認心理師の伊藤絵美先生と対談して、ストレスケアの方法を教えていただきました。

まずは「私、仕事に行きたくないんだ」という気持ちを認知すること。

「仕事に行きたくないなんて、ダメな自分だ……」と責めてしまったら、「あぁ責めてしまっているな」とまた認知する。

次に、そのしんどい気持ちをどうやってリカバリーするのか、ストレス解消法を考える。

ストレス解消法の例としては、自分の気持ちを文字として書き起こしてみたり、否定しない人に話を聞いてもらったり。

中でも、伊藤先生が特におすすめされていたストレス解消法が面白かったので紹介します。

まずはトイレを思い浮かべて、そこにある自分のストレスを排泄物に見立てて「えいや!」と流し、消えていくのをイメージする。そうするとなんだかすっきりするそうで、私もよくやっています。

今まさに「仕事に行きたくない」をという気分の人は、一度試してみては? 伊藤先生の著書『セルフケアの道具箱』も参考にしてみてくださいね!

ラジオ番組『犬山の遠吠え!やってまーす』最新のトークはこちら

毎週木曜日、深夜0時30分からMBSラジオ(AM1179/FM90.6)で放送する他、アプリやネットで楽しめる「radiko」でも生配信。また、過去の放送は音声配信サービス「Radiotalk」で聞くことができます。

(トーク:犬山紙子、文:高橋千里)

※この記事は2021年06月05日に公開されたものです

犬山紙子

1981年生まれ。エッセイスト。美人なのになぜか恋愛が上手くいかない女性たちのエピソードを綴ったイラストエッセイ『負け美女』(マガジンハウス)で作家デビュー、女性観察の名手として注目を浴びる。SPA!やananなどで連載中。「スッキリ!」、「みんなのニュース」などコメンテーターとしても活躍する。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#犬山の遠吠え!やってまーす」をもっと見る

MORE

SHARE