お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人を作る方法とは? 恋愛できない男女がやるべきこと

朝谷のも

たった1人の人に出会って、幸せになりたい。そう思いつつも、もう何年も恋愛していない……と悩む男女は少なくありません。今回は、恋愛ライターの朝谷のもさんが、好きな人を作る方法を解説します。

「好きな人ができない……」「恋の仕方を忘れてしまった……」と悩む人は多いのではないでしょうか。恋人がいつも途切れない人がいる一方で、恋人いない歴を更新し続けている人もいます。

恋をするにはまず好きな人を作らなければ始まりませんよね。ここでは、好きな人を作る方法について徹底解説します!

「好きな人」ができない人の特徴

「好きな人を作りたい気持ちはあるのに、なかなかできない……」そう悩んでいませんか? そもそも恋愛の始め方が分からないという人もいるかもしれません。

「好きな人」ができない人にはどんな特徴があるのでしょうか?

(1)理想が高い

「容姿・職業・収入」など、理想が高すぎて、好きな人ができない場合があります。

理想が高い人は自分にとって完璧な相手を求めているので、性格が良くても他のステータスが悪ければ恋愛対象外にしてしまう傾向にあります。

特に、相手の容姿を一番に重視している人は、好きな人を作るのが難しいでしょう。付き合う上では内面も大切なので、容姿だけを見ていては内面が合う人を逃す確率も高まってしまいます。

(2)行動パターンがいつも同じ

社会人になり、仕事と家の往復で1日が終わってしまう人は、関わる人が職場の人や家族だけとなり、新しい出会いがなかなかありません。

また、インドアで休みの日も家で過ごすことが当たり前になっている人は、必然的に出会いのきっかけを作るのも難しくなります。

生活に変化を求めず、同じような毎日を送っていると、刺激のない生活が当たり前になり、恋愛したいという気持ちも薄れていってしまうかもしれません。

(3)仕事や趣味で忙しい

仕事に没頭している人や、趣味でアイドルの追っかけをしている人など、恋愛以上に優先しているものがある人は、好きな人ができにくいです。

自分にとって夢中になれるものがあると「恋愛なんて必要ない」と考えてしまう人もいます。

(4)恋愛を諦めている

過去の経験から恋愛に疲れている人や、「頑張っても報われない」などと消極的な考えの人は好きな人を作るのが難しくなるでしょう。

自分に好きな人ができるわけがないと考えて「このままでいいや……」と、諦めてしまっている人もいます。

(5)異性と話すのが苦手

元々コミュニケーションを取るのが苦手で「異性と話すと緊張してしまう」人や「目も見られず、無言になってしまう」という人は意外に多いのではないでしょうか。

特に、異性との関わりが少ない人、過去に恋愛で嫌な思いをしたことがある人に多い特徴です。

恋愛は相手の内面に魅力を感じて始まることが多くあります。そのため、会話をして相手の内面に触れる機会が少ないと、必然的に好きな人もできづらくなるでしょう。

(6)好意を寄せられると引いてしまう

異性からの好意を感じた瞬間に「相手が嫌になって避けてしまう」という人もいます。

「こんな自分に好意を抱くなんて、この人はおかしい」という思考回路があり、恋に発展しそうなチャンスも逃してしまうのです。

この思考回路は「自信がないこと」が根っこの原因になっている可能性があります。

(7)自信がなく、消極的な性格

自信がなく、消極的な性格の人は、嫌われることへの恐怖心があり、なかなか人を好きになることができません。

自分のどこかにコンプレックスがある人や、恋愛の成功経験が少ない人に多い特徴です。

(8)過去の恋愛を引きずっている

過去にひどい振られ方をした人や、浮気をされて別れた人などは、恋愛に臆病になっているのかもしれません。

タイプの異性を見つけて一瞬「いいな」と思うことはあっても、二度とつらい思いをしたくないという思いからそこで恋愛を諦めてしまいます。

(9)常に受け身

恋愛に対して常に受け身の人も、好きな人を作るのが難しくなるでしょう。恋愛のきっかけは「もしかして相手が自分のことを好きなのかも?」という錯覚から始まることも多いもの。

常に受け身の姿勢だと、そもそも恋愛の土俵に上がることも難しくなります。また、自分から人を好きになろうという姿勢がなければ、当然好きな人はできにくいといえます。

次ページ:好きな人を作る4つのメリット

SHARE