お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「モラル」の本当の意味とは? 意味や「マナー」との違いを解説

上色ゆるり

「モラル」と「マナー」の違いは?

「マナー」とは、「礼儀」や「作法」といった意味の言葉。

「マナー」は、社会や組織などによって客観的に定められた規則、ルールを指すのに対し、「モラル」は自らの生き方や思考によって定められた、主観的な道徳的基準のことを指します。

駅などで見かける「車内マナーを守りましょう」など、「マナー」にはルール(規則)といった側面がありますが、「モラル」には自身の経験や憶測から来るその人独自の基準というニュアンスがあります。

意味と使い方を把握して「モラル」を正しく使いこなそう

「モラル」という単語は、日常的によく使われる言葉なので、なんとなく理解しているつもりになってしまいますよね。

しかし、もしも間違って意味を覚えていたり、使い方を間違えたりしてしまうと、いざという時に恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

誤った言葉遣いをきちんと指摘してもらえる機会は、大人になるとどんどん減ってしまいます。恥をかいてしまうことのないよう、正しく使いこなせるようにしておきたいですね。

(上色ゆるり)

※画像はイメージです

※この記事は2021年05月21日に公開されたものです

上色ゆるり

アパレル販売員歴8年、元アパレル店長のフリーライター。接客や人材育成で得た経験を元にファッション、美容、ビジネス系コラムを中心に執筆中。 アパレル時代にお客様、スタッフから寄せられた恋愛相談は数多く、恋愛系コラムも得意とする。自信がありそうに見えて実はコンプレックスまみれの為、「少しでも多くの人に自信を持ってもらえるように。」と願いながら、日々文章を書き綴る。

この著者の記事一覧 

SHARE