お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「インタラクティブ」の意味って? 使用例とよく見る表現

藤田尚弓

皆さんは「インタラクティブ」の意味を正しく理解していますか? 間違った使い方をして、知らぬ間に恥をかいているかもしれません。そこで、今回はコミュニケーション研究家の藤田尚弓さんに、「インタラクティブ」の意味やビジネスシーンでの使い方、類義語・対義語などについて詳しく聞いてみました。

ビジネスシーンで使われるだけでなく、時代のキーワードとしても使われることが多い単語「インタラクティブ」。既に言葉として根付いている感じもしますが、意味が曖昧なまま、何となくの感覚で使っている人もいると思います。

皆さんは、インタラクティブの意味や使用方法に自信がありますか? 今さら聞けない「インタラクティブ」の意味を、具体的な使用例とともにご紹介します。

「インタラクティブ」とは? 語源と意味

インタラクティブとは、英語の「interactive」が語源で、直訳すると「相互作用」という意味です。ここから転じて、日本では「双方向性のやり取り」を含むものを指す、ビジネス用語として定着しています。

広い意味で使われるのが特徴で、一方的でないコミュニケーションであれば、多くの場合この言葉が当てはまります。

ビジネスシーンの他には、教育現場などで使われることがありますが、プライベートで使われることは少ない言葉です。ビジネスシーンでも業界によっては使う頻度が少ない職場もあるので、あまり聞いたことがないという人もいるかも知れません。

また、IT用語としても定着しており、「双方向にやり取りができるシステム」だけでなく、「操作に反応する」といった意味で使われるケースもあります。システムの提供者から決まったものだけが提供される前時代のシステムに対し、ユーザーによってカスタマイズできる現代のシステムを表現するときによく使われます。

次ページ:「インタラクティブ」の類義語

SHARE