お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ドキドキしない恋は運命? 付き合う&結婚するメリットとは

すぎうら

恋人に対してドキドキしない、好きか分からない……とお悩みではありませんか? そんな相手と付き合ってもいいのか、別れるべきか不安になりますよね。今回は、恋愛ライターのすぎうらさんが、ドキドキしない相手と付き合う&結婚すべき理由を解説します。

あなたは恋人にドキドキしますか? 出会ってから時間が経ち、次第にドキドキしなくなったら「冷めたのかな」「このまま付き合っていて大丈夫?」と不安になるかもしれません。

そこで今回は、恋人にドキドキしない理由を徹底分析。さらに、ドキドキしない人と付き合う・結婚するメリットも紹介します。

「恋人にドキドキしない」サイン

「恋人にドキドキしない」とは一体どういうことでしょうか? 考えられる状況を解説していきます。

(1)一緒にいてもときめきがない

大好きな人が隣にいれば、ときめきを感じてドキドキしてしまう人は多いです。それなのに、恋人と一緒にいてスキンシップをされてもときめきを感じない人もいます。

恋人のことを、俗に言う「空気のような存在」のように感じるケースがあるでしょう。

(2)恋人のことを考えても感情が動かない

恋の相手を思って、眠れない夜を過ごしたことがある……。こんな経験をしたことがある人が多いのではないでしょうか?

でも、恋人のことを考えてもドキドキしない。恋愛特有の甘酸っぱい感情も一切ない。これも、恋人に対してドキドキしていないサインかもしれません。

(3)好きかどうかよく分からない

ふとした瞬間に「何でこの人と付き合っているんだっけ?」「この人のどこを好きになったんだっけ?」と疑問に思ってしまうことはありませんか。

長く付き合っていると、本当に相手のことを好きなのかよく分からなくなることがあります。また、恋人のことを好きかどうか考えている時点で、ドキドキする感情がなくなっているともいえます。

なぜ? 恋人にドキドキしない3つの理由

恋人にドキドキしないのは、最初から? それとも途中からでしょうか。恋人にドキドキしない理由として、考えられるものを挙げていきます。

(1)最初からドキドキしていなかった

「付き合う=お互いが好き同士」という認識が一般的ですが、そうでないカップルも数多く存在します。

例えば男性側から猛アピールされて「とりあえず付き合ってみよう」と交際を承諾したケース。交際当初は恋愛感情がなかったためドキドキすることはなく、そのまま付き合ってきたパターンです。

(2)恋人の存在に慣れてきた

特に多いのは、最初はドキドキしていたはずの恋人の存在に慣れてきたパターンです。片思いをしていた頃や交際当初は感じていたドキドキは、交際年数が長くなるにつれて良くも悪くも薄れていくことがあります。

一方、不安な気持ちも薄れていくことが多いでしょう。不安がなくなるほど、信頼関係が築けてきている証拠です。

(3)恋人に冷めてきた

長く付き合っていると、相手の嫌な部分が見えてくることもあるでしょう。

相手の嫌な一面を見て気持ちが冷めてきた、マンネリ化で恋人のことを本当に好きかよく分からなくなってしまった……。この場合も、恋人にドキドキすることはなくなるでしょう。

次ページ:ドキドキしない恋人を好きか見極める方法

SHARE