お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

カリギュラ効果とは? 意味や使い方&注意点を紹介

ながせなみ(心理カウンセラー)

「カリギュラ効果」という言葉を知っていますか? 禁止されると余計に興味が強くなる心理のことです。今回は心理カウンセラーの永瀬なみさんに、カリギュラ効果の意味や使い方の事例、注意点などを解説してもらいます。

「カリギュラ効果」という言葉を聞いたことはありますか?

カリギュラ効果とは、いわゆる“ダメと言われるほどしたくなる心理”のこと。

今回は、カリギュラ効果の意味や由来、使い方などを紹介します。日常生活に心理学をうまく取り入れたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

カリギュラ効果の意味は?

まずはカリギュラ効果という言葉の意味と、なぜこの心理現象が起こるのかを解説します。

カリギュラ効果とは「禁止されるほど興味が増す心理のこと」

カリギュラ効果とは、禁止されると余計に興味が強くなる心理のことです。

語源は、1980年にアメリカで公開された『カリギュラ』という映画。この映画は、ローマ帝国の第3代皇帝であるカリギュラを主人公に描いた作品です。

内容が過激だということで、ボストン市内では上映禁止になりました。しかし上映禁止になったことで、反対に大きな話題となります。その結果、作品への興味をかき立てられたボストン市民は『カリギュラ』を見るために隣町まで足を運ぶようになったのです。

このことから、禁止されると余計に強い興味が湧く心理を「カリギュラ効果」と呼ぶようになりました。

カリギュラ効果といえば、こんな広告や売り文句が有名ですね。

「決して1人で見てはいけません」

「本気でない人は絶対に買わないでください」

このように、私たち人間は「ダメ」と言われると余計に興味が湧いてしまうのです。

カリギュラ効果が起こる理由

では、「ダメ」と言われると興味が湧いてしまうのは一体なぜなのでしょうか?

カリギュラ効果が起こるのは、自由を奪われたくないからです。自分の自由を奪われたくないと思う心理を、専門用語で「心理的リアクタンス」といいます。

例えば『閉店セール』と書いた看板を見ると、無性に「何かを買わなければいけない」という気持ちが湧いてきませんか? これは、心理的リアクタンスが原因です。

今までは「いつでも自由に入れるお店」だったのに、もう自由には入れなくなる。これは、自由に選択できる権利を奪われるのと同じことです。すると「自由を奪われたくない」という心理が働き、「今のうちに利用しておこう」と思います。これが、心理的リアクタンスなのです。

次ページ:カリギュラ効果の恋愛シーンでの活用例

SHARE