お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

キスマークの消し方とは? すぐできる対処法

正元香菜子

すぐに消えない場合のキスマークの隠し方

ここまでキスマークの消し方を紹介してきましたが、あくまでも「通常よりも早く消す方法」であって、すぐに消える方法ではありません。

しかし学校や仕事の時間が迫っていて、すぐ消さないといけない場合もありますよね。

今すぐにキスマークをなんとかしたいと考えるなら、隠してしまうのがおすすめです。
身近なものでできる、キスマークの隠し方を紹介します。

(1)絆創膏を貼る

家やかばんの中にあることも多い絆創膏を利用すれば、時間がない時でも手軽にキスマークを隠すことができます。目立たせたくないのなら、シンプルなデザインのものを選びましょう。

しかし、首元に絆創膏を貼るシチュエーションは、日常生活ではあまりないもの。周囲に聞かれた時の言い訳はしっかり考えておきましょう!

あまりに不自然な場所であれば、相手の察しがいいとバレてしまう可能性も。絆創膏を貼っていておかしくない部分であれば、上手に隠せるはずです。

(2)ファンデーションやコンシーラーで隠す

キスマークを自然に隠したいなら、ファンデーションやコンシーラーで隠す方法をおすすめします。

普段のメイクとあまり変わらないやり方で隠せるので簡単! 手順は以下の通りです。

1. まず化粧下地を塗る

2.上から薄くファンデーションを乗せる。ファンデーションはグリーン系のものだと、赤みを消してくれるので◎。

3.それでも目立つ場合は、上からコンシーラーを重ねる

濃く塗りすぎると不自然な仕上がりになるので、あくまで“薄く”を意識してください。

(3)冬場はタートルネックを着る

首につけられて目立つキスマーク。冬場であれば、首まですっぽり隠せるタートルネックを着るのがおすすめです。

寒い時期にはたくさんの人が着ている服なので、不自然に思われることはありません。キスマークが首の下あたりにあるのなら、ボトルネックの服でもいいでしょう。

マフラーやストールを使うという手もありますが、外す機会が多いためあまり役立たないかもしれません。

(4)髪の毛で隠す

十分なボリュームがあれば、キスマーク周辺を髪で隠してしまうのも簡単でおすすめです。

髪を巻いて、ボリューム感をもたせておくと、さらに目立ちづらくなります。

ただし、髪が動いてしまったり、髪をアップにしなければならなかったりするとバレてしまうので注意が必要!

あまり動くことがなさそうな日は、ダウンヘアで乗り切ってみるのもいいでしょう。

次ページ:どうしてもキスマークが消えない場合の言い訳

SHARE