お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼女からの電話はうれしい? かかってきた時の男性心理を解説

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

彼氏に電話をかける時の注意点

次に、彼氏に電話をかける時に注意したいことを解説いたします。

(1)電話をかけるにもアポを取る

前述したように、現代ではいきなり電話をかけてこられるのを嫌がる人が、男女問わずものすごく増えました。

そういった理由から、いきなり電話をかけるのではなく、「何時頃電話していい?」「明日話す時間ある?」というように、前もってアポを取っておいた方がいいでしょう。

「付き合ってるんだからそんな気を使いたくない」という女性もいるでしょうが、それは自分の基準であり、相手の基準ではありません。

「いつでもかけていいよ」「夜○○時以降ならいつも空いてるよ」というように言われない限りは、電話をかける前のアポは取っておいた方がいいですね。

繰り返しになりますが、現代ではそれを常識と考えている人も多いですし、そこに仲の良しあしは関係ありません。

(2)愚痴や重い相談事ばかり話さない

せっかく電話ができるからと言って、自分の話したいことばかり話していては、あまりにも配慮が欠けると言っていいでしょう。

特に、毎回の電話で愚痴ばかり言われたり、重い相談事ばかりされていたりしては、だんだんと話すのが重荷になり、プレッシャーにもなっていきます。

とはいえ、たまには愚痴を言いたい時もあるでしょうし、彼氏に相談して頼りたい時もあるでしょう。

その時は、「ちょっと愚痴らせてほしいんだけどいいかな?」「相談したいことがあるんだけど話しても構わない?」というように前置きして、話した後には「スッキリした」「前向きになった」という状態に持っていけるといいですね。

(3)出ない時とかけ直しの際は配慮する

アポを取らずに電話ができる彼氏の場合。

電話をかけて彼氏が出なかった時は、要件があってもなくても「ちょっと○○の件で話したいことがあって」「特に用事はなかったんだけど」というように、LINEでメッセージを残しておくといいでしょう。

LINEではなく、留守電に入れてもいいですね。

それから、こちらから電話をかけて、折り返しがかかってきた場合、出られない時もありますよね。

その時、着信に気付いた段階でかけ直すか、難しければLINEで一言「今○○で手が話せないから○分後にかけ直す! ごめん!」とメッセージを送っておいた方がいいでしょう。

なぜそうした方がいいのかと言うと、せっかく折り返したのに出ないし、そこから一向に連絡が来ない相手に対してほとんどの人が思うのは、「何なん?」なのです。

親しき仲にも礼儀ありですし、相手が電話に出ない時とかけ直しの際の配慮はしておいた方が、相手に余計なストレスを与えないで済むでしょう。

次ページ:彼氏との電話で大切なのは相手への配慮

SHARE