お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【難読】ムズっ! でも知ってるはず。「霰」の読み方

ななしまもえ(芸術系ライター)

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「霰」の読み方です。

「散」という字に雨冠(あめかんむり)が付いているけれど、なんて読むの? そう思ったら、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

「霰」の読み方は?

雨冠(あめかんむり)が付いているので、天気に関する言葉なのかな? と思った人もいるのではないでしょうか。しかし、天気を表す言葉といってもいろいろありますよね。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“あられ”と読みます。

「霰」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「霰」の意味は以下のように解説されています。

あられ【×霰】
1 雲の中で雪に微小な水滴が凍りつき、白色の小さい粒となって降ってくるもの。雪霰 (ゆきあられ) と氷霰 (こおりあられ) とがある。気象用語では直径5ミリ未満が霰、5ミリ以上が雹 (ひょう) 。《季 冬》「呼かへす鮒売 (ふなうり) 見えぬ―かな/凡兆」

2 料理で、小さく賽 (さい) の目に切ること。また、切ったもの。「霰に刻む」

3 干飯 (ほしいい) を煎 (い) ったもの。

4 「霰餅 (あられもち) 」に同じ。

5 「霰小紋」に同じ。「霰地の織物」

6 「霰蕎麦 (そば) 」に同じ。

スーパーで見かけるあられ餅の”あられ”も本来は「霰」と書くんですね。

読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「霰」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。普段、「霰」は天気予報やニュースでもひらがなで表記されているので、漢字で見る機会は少ないのですが、改めて調べてみると、納得の形であることに驚かされます。

(ななしまもえ)

ななしまもえ(芸術系ライター)

漢字の形の美しさに惚れ込む元ダンサー。漢字はダンスで表現できると信じている。サッカー好きで一時はレッズの追っかけをした経験もあり。おっとりしているが、サッカーの話になると早口で熱くなる。3代続く正真正銘の湘南ガール。

この著者の記事一覧 

SHARE