お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きなタイプを聞かれたら? モテる男女の上手な回答例

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

「好きなタイプ」が知りたい人は多いもの。当てはまる! と喜ばれたり、相手と真逆で落ち込ませたりしてしまうと考えると、返答に困りますよね。そこで今回は、恋愛コラムニストの藤本シゲユキさんに、好きな人のタイプを聞かれた時の上手な答え方を解説してもらいます。

飲み会や普段の雑談の中で「好きなタイプは?」と聞かれるたびに困っている人がいます。

どんな風に返せばいいか分からないし、どう答えるのが正解か分からないから、困ってしまうんですよね。

今回は、好きなタイプを聞かれた時の、モテる回答例について解説いたします。

脈ありなの? 「好きなタイプ」を聞く心理

「好きなタイプを聞かれたら脈あり!」という情報があります。果たして、本当にそうなのでしょうか?

まず、「好きなタイプ」を聞く心理について解説いたします。

(1)自分が恋愛対象になるか確認したい

これは脈ありのケースですね。

自分がそのタイプに当てはまるかを確認したいから、好きなタイプを聞くというわけです。

(2)相手が聞いてほしそうだったから

会話をしていると、なんとなく「この話題に触れてほしいのかな?」と思う瞬間があります。

特に恋愛話をしている時など、「なんとなく好きなタイプを聞いてほしそう」という場面は結構多く、その質問をすると、「本当はこんなタイプが好きなのに、こういう人と付き合うことが多かった」というような話になることがあります。

このように、相手が聞いてほしい質問をさらっとできる人は、盛り上げ上手であることも珍しくないですね。

(3)なんとなく

これは、話の流れで聞いたというケースですね。

あまり深い意味はなく、雑談の一環で聞いたということになるため、今の時点では相手に好意があるかどうかを計ることはできません。

次ページ:「好きなタイプ」を聞かれた時の答え方

SHARE