お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

生理前・生理中のダイエットは意味がない? 運動・食事で気をつけるポイント

窪麻由美

生理前や生理中にダイエットをしてもあまり意味がないと聞いたことがありますが本当でしょうか? 産婦人科医の窪麻由美先生に詳しく教えていただきました。運動や食べ物で気をつけるポイントも併せてご紹介します。

生理はエストロゲン、プロゲステロンという2種類の女性ホルモンが増えたり減ったりすることで起こります。加えて、女性ホルモンの変化は私たちの体や心にも深く関わっていることが知られています。

ダイエットに取り組む際、いつも同じように厳しい食事制限や激しい運動・筋トレを続けるのではなく、女性ホルモンの変化が体調や気分に与える影響を考えながら行うことも大切かもしれません。

ここでは、生理の周期における女性ホルモンの変化とダイエットの関係についてご紹介します。

生理の周期と体調や気分の変化

生理(月経)はエストロゲン、プロゲステロンという2種類の女性ホルモンが増えたり減ったりすることでその周期を繰り返しています。これら2つの女性ホルモンの分泌量の変化は、私たちの体調や気分の状態にも影響を及ぼします。

生理が始まって次の生理が来るまでの期間を生理周期といいます。生理周期は女性ホルモンの分泌量の状態によって4つの期間に分けることができ(下図)、それぞれの期間の特徴は次のようになります。

生理(月経期)

図:生理周期と女性ホルモンの変化(28日周期の場合)

生理の初日から出血がなくなるまでの期間を月経期といいます。妊娠しなかった場合、子宮の内側を覆う子宮内膜がはがれ落ち、体の外に排出されることで生理となります。この期間はエストロゲンとプロゲステロンの分泌量ががくんと減少し、人によってはお腹や腰の痛み、頭痛や吐き気など、生理に伴う不調が起こることがあります。

卵胞期

エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が徐々に増えるのにともなって、子宮内膜も増え始めます。子宮内膜は受精卵が着床するためのベッドのようなものです。

エストロゲンが多い時期は、心を落ち着かせるセロトニンや、やる気を起こさせるドーパミン、記憶や思考などの認知機能を高めるアセチルコリンなどの神経伝達物質の分泌量が増加するといわれています。これらの物質が脳内で増えることにより、気持ちが落ち着いたり、やる気や集中力が増えたりすると考えられています。

排卵期

エストロゲンの分泌量がピークを迎えると、卵胞から卵子が飛び出す「排卵」が起こります。排卵期は短いため、体調に大きな変化は起こりにくいと考えられます。ただ、人によっては排卵痛といわれる下腹部の痛みを感じることもあります。

黄体期

排卵によって卵子が飛び出して空になった卵胞は黄体という組織に変わり、そこからプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンが大量に分泌されます。エストロゲンも少量ですが分泌されます。

この期間は気分が落ち込んだり、イライラしたり、腹痛や頭痛、吐き気、食べすぎなど「月経前症候群(PMS)」の症状が出ることがあります。

PMSとは、月経前の3〜10日の間続く精神的症状または身体的症状のことをいい、その症状は生理が始まるとスーッと消えてしまうことが多いという特徴があります。PMSがなぜ起こるのかその原因はわかっていませんが、女性ホルモンの変動の時期とPMSの現れる時期が重なることから、女性ホルモンと関係しているのではないかと考えられています。

次ページ:女性ホルモンと食事量の関係

SHARE