お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

面白い人の特徴。つまらない人との決定的な違いとは?

トイアンナ

あなたの周りにも、何を話しても笑いが起こるような「話が面白い人」っていませんか? 同じような日常を送っているはずなのに、どうしてそんなに面白いエピソードが起こるのだろうと思っているかもしれませんね。そこで今回は、コラムニストのトイアンナさんに面白い人の特徴や話がつまらないと思わせる理由などを教えてもらいました。

「面白い人が好き」という話を、これまで何度聞いてきたことでしょうか。雑談力という言葉が流行するくらい、適切なタイミングで面白い話をできる人は男女問わずモテる。これは事実です。

そんな話の面白さは、ある程度センスで決まります。しかし、努力でカバーできるのもまた事実。

今回は、話が面白い人になるためのコツを、実際にすべらない話を大量に持つ先輩から、教えてもらいました。

Check!

あなたはどっち? 聞き上手or話し上手診断

話が面白いってどういうこと?

話が面白い人は、相手が和やかになる話をとっさにすることができます。

ただ、「面白い」と一言に言っても、ためになる、爆笑する、ほっこりする……など、話がもたらす効果はさまざまです。

よって面白い人とは、TPOをわきまえて、その場の空気を壊すことなく自分のストックする話題から、最も適した話が提供できる頭のいい人なのです。

次ページ:話がつまらないと思われる理由

SHARE