お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

何が悪かったの? 男性が「2回目のデートに誘わない理由」5つ

浜松まくら(共感系ライター)

1回目のデートはうまくいったはずなのに、なぜか2回目のお誘いがない。そんな経験はありませんか? 男性が2回目のデートに誘わない理由を、男性ライターの浜松まくらさんに教えてもらいました。

自分の中ではうまくいったはずなのに、2回目のデートのお誘いがなくて不安に感じたことはありませんか?

今回は、男性が2回目のデートに誘わない理由を男性視点で考察してみました。

気になるあの人はどう思ってる? 「脈あり度」診断

(1)1回目が思っていたほど盛り上がらなかったから

女性がその時のデートに満足していても、男性は「なんだか盛り上がらなかったなあ」と感じることがあります。

例えば、男性がただ話を聞き続けていた、逆に女性が何も話してくれなかった、など。その場合は相性の良し悪しを感じてしまうため、なかなか2回目のデートに誘おうという気持ちになりづらいです。

(2)金銭感覚が合わなかったから

話は弾んで盛り上がったけど、交際は敬遠してしまうというケースもあります。

理由はさまざまですが、価値観の違いが原因であることが多いです。

特にデートして分かるのは、金銭感覚の違い。外食やタクシー利用の頻度など、お金を使う場面で「おや?」と感じると、次のデートをためらうことがあります。

(3)フラれてしまったと思い込んでいるから

デートに誘わないのは、女性のことを嫌いになったからとは限りません。男性の方が勝手に「フラれたんだな」と諦めていることもあります。

デート後のメッセージなどで女性の反応が薄かった場合、脈がないと思い込み、連絡をやめがち。自分に自信がない男性に多く見られる傾向です。

(4)タイミングを逃してしまったから

こちらも前述した理由と同じく、女性のことを気に入らなかったからなどではなく、突然仕事が忙しくなったなどで、単純にデートできる時間がなくなっていたという場合もあります。

そうこうしているうちに2回目のデートに誘うタイミングも逃してしまい、何となく気まずくて連絡もしづらいという状況になる、なんていうことも。

(5)次は女性側が決める番だと思っているから

お互いが相手の出方をうかがって停滞するパターンです。

1回目のデート中に女性が主導権を握っていたり、「おすすめの場所があるから今度行こう」と言っていたりすると、男性側も女性に委ねようと甘えてしまいがちです。

2回目のデートに誘いやすくなる雰囲気を

最近のデートは、必ず男性側が誘うものというわけでもなく、女性から誘うケースもよくあります。

もし相手の男性との2回目のデートを望んでいるのであれば、多少間が空いたとしても「先日のデートが楽しかったのを思い出しました」など、呼び水となるようなメッセージを伝えてみませんか。

相手にも好意があれば、きっと次のデートプランの話へとつながるはずです。

(浜松まくら)

関連する診断もあわせてチェック!

恋愛に受け身なタイプ? 草食系男子診断

譲れない条件は? あなたの好きなタイプ診断

「自分なんて」と思ってない? あなたの劣等感診断

※画像はイメージです

浜松まくら(共感系ライター)

共感系ライター。過去の恋愛は、一人と長くじっくり派。振られてからの反省も長く立ち直りが遅い、アラフォー独り身こじらせ男性。色々と相談を受けることが多いのに、「いい人ですね」で留まりがち。特に恋愛に繋がることがまずなく、とても哀しい。
この著者の記事一覧 

SHARE