お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Keyword.03「映画」

#羽ばたくつばさ 2nd season

木津つばさ

好評につき連載継続決定! 今注目の若手俳優・木津つばさのエッセイ連載。毎週1つ編集部から与えられるキーワード(お題)に沿って、自身のルーツや想いを綴ります。キーワードから紐解かれる“木津つばさ”とは?

はじめに

こうしたら良いのでは? とか、こうしたら喜ばれるんじゃないか? とか。

そういうことではない「笑い」や「共感」には、答えがない。

今回のテーマは「映画」。この世には映画が無数にあふれています。

今回は自分の好きな映画『火花』について、少しばかり語らせてください。

答えのないものに立ち向かい、はばまれ、もがき、それでも前に進もうとする。

お笑い芸人として活動する2人の物語。だが、常に隣を歩き続ける「売れたいのに売れない」という現実との葛藤を描くストーリーです。

これは僕も同じ、役者として表現をしていく日々。

「共感」が大前提となってくる仕事柄で、うまくいかないことなんて当たり前。

ただ、この映画。

まずは「誰かに届けたい」と足掻くことこそがかっこいいのかもしれない、って思える作品でした。

実際に届く・届かない云々より、相手を笑顔にできるかどうかなんて、やってみなきゃ分からない。

この映画を見る前に、とある舞台を観劇した自分。

最高のパフォーマンスを見せられた。
こんな思いになるなんて思わなかった、あの夜。

役者自身のまっすぐな人柄と繊細さに惹かれた。
最後まで一挙手一投足に憧れた。
というか、終わらないでくれとまで思っていた。
帰りたくなかった。

彼は、そこに生きていた。

どれだけの人が共感してくれるのか?
どれだけの人が感動してくれるのか?
どれだけの人を笑顔にできるのか。

そんなの、「得体の知れないこと」なのに。
それさえも輝いて見えた。

そして映画『火花』を見た。

瞬時に感情が重なって、リンクした。

そして、俺は覚悟した。

おわりに

自分の人生観なんて自分で決めるもので、他人に決められるものではないけれど、他人の人生観を見て勉強することはたくさんある。

これだから演劇はやめられない。

(文:木津つばさ、撮影:Yuto Fukada)

木津つばさ

舞台『刀剣乱舞』や『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』などの大人気2.5次元舞台作品で主要キャストを務める。好きなものはスニーカー、ゲーム、写真など。

Instagram:https://www.instagram.com/tsubasa__kizu/
Twitter:https://twitter.com/kizu_tsubasa

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#羽ばたくつばさ 2nd season」をもっと見る

MORE

SHARE