お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

何をやってもうまくいく「賢い人」の特徴4つ

みくまゆたん(恋愛コラムニスト・占い師)

何をやってもうまくいく「賢い人」の特徴とは? 元会社員のコラムニスト・みくまゆたんさんが実体験を交えながら解説します。

何をやっても器用にこなしてしまう人っていますよね。一体なぜ彼らは、何をやってもうまくいくのでしょうか?

そこで今回は、何をやっても手際よくこなせてしまう「賢い人」の特徴を紹介します。

(1)場の空気を読むのがうまい

どんなに勉強ができる人でも、場の空気が読めない人は損をしてしまいがち。

本当に賢い人は、場の空気を読むのに長けています。

例えば、相手に何をすればいいか、どんな言葉をかければいいかを考えて発言、行動します。

賢い人は頭の回転が速いので、どうすれば良いのかすぐに察知し、即行動できます。あなたの周りの空気が読めてよく気が利く人は、「賢いからこそ」と言えるでしょう。

(2)脳トレが好き

筆者の知人で、とても賢い男性がいます。

彼は麻雀、脳トレなど、頭の運動になるゲームが大好きです。

常日頃から脳を動かしているので頭の回転が速く、周囲からも「できる人」と認識されています。

頭の良さは生まれながらの才能もありますが、もしかすると常日頃からの努力の成果もあるのかもしれませんね。

(3)自己プロデュース能力が高い

賢い人は、自分の見せ方が上手。

常にどう見せたら自分がより良く見えるかを考えており、自己プロデュース能力に長けています。

彼らのような自己プロデュース能力が高い人は、鏡を見る習慣があり、自分を常に俯瞰するのが得意です。

自分を客観的に見るのが苦手だったり、自分に自信がなかったりする人は、まず鏡の前に立ってみましょう。自分はどのような顔、スタイルで、どんな性格なのか。

自分の見た目だけではなく、心と向き合うことからスタートするといいでしょう。

(4)常に冷静

賢い人は、感情で左右されません。

感情の赴くままに進めば、自分が不利になるのを分かっているからです。常に周囲と自分を客観視し、どう立ち振る舞えばいいかを考えています。

感情に流されないため、人前で怒る、泣きわめくこともありません。一定の穏やかなトーンで過ごすことが多いです。

賢い人ほど、自分が損しないようにコントロールできるため、常に冷静だと言えるでしょう。

もう少し器用に生きるために、賢い人の行動をまねしてみる

賢い人は、感情に流されず常に冷静です。場の空気を読むのがうまく、間抜けな失敗はしません。

さらに自己プロデュース能力も高いので、どうすれば自分がより良く見えるのかも分かっています。

もしも、もう少し器用に生きてみたいと思ったなら、あなたの周りにいる賢い人と行動を共にしてみてはどうでしょう。

彼らが普段から取り組んでいることをまねしていけば、もしかするとあなたも「賢い人」に近づけるかもしれません。

(みくまゆたん)

※画像はイメージです

※この記事は2020年12月01日に公開されたものです

みくまゆたん(恋愛コラムニスト・占い師)

恋愛コラムニスト兼占い師。数々の婚活経験を元に、大手メディアや出版社などで恋愛コラムを執筆中。

合コンで覚えた手相占いがTwitterで人気を呼び、2017年9月にココナラにて手相占いサービスを開始。Twitterや口コミなどで人気に。

ホームページ:https://mikumayutan.wordpress.com/
ブログ:http://mikumayutan32.hatenablog.com/
Twitter:https://mobile.twitter.com/mikumayutan
Note:https://note.mu/mikumayutan32
ココナラ占い:https://coconala.com/users/361895

この著者の記事一覧 

SHARE