お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

人を不快にさせる「余計な一言」を言ってしまう原因&具体例

トイアンナ

「余計な一言」を言わないためのコツ

最後に、これからは余計な一言を封じたいという方のために、個人的に効果があった(と、周りが思ってくれているだろうか……?)方法をお伝えします。

(1)無理な気遣いをやめる

余計な一言を言ってしまうミスは、大半が「余計な気遣い」で発生しています。おべっか、言わなくても大丈夫。お世辞、言わない方がマシかも。

相手を褒めたくなってもぐっと堪えて、「沈黙は金!」と心で唱えましょう。

(2)雑談力に関する書籍を読む

コミュニケーションスキルが低いため余計な一言を言ってしまうタイプの人は、雑談力に関する書籍を読んだり、コミュニケーションが上手な先輩の言い回しを模倣したりすると変われます。

個人的には、五百田達也さんの書籍『超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける』をおすすめしたいです。

(3)無難な話題をストックする

相手の家族関係や結婚しているかどうか……など、センシティブになりうる話題は避けましょう。そして、余計な一言を言いづらい、無難な話題を大量にストックしておきましょう。

どうしても雑談をしなくてはいけない時には、まずは今日のニュースについて話題に挙げるくらいが、ちょうどいいんじゃないでしょうか。

(4)結論を急がない

「結局それって、こういうことだよね?」とはやる気持ちは、余計な一言の原因となります。結論は焦らず、相手が話し終えるまで待つ癖を付けましょう。

そして、話の全容が明らかになった時に、口を開くことをおすすめします。

少しずつ余計な一言を減らしていこう!

ここまで、さまざまな「余計な一言」のパターンや原因と、対策をお伝えしてきました。

ある程度は自分の個性として諦めつつも、なるべく改善できる範囲で、周りへの迷惑を減らしていけるといいですね……いいですよね……私も頑張りますので、一緒に改善していきましょう!

(トイアンナ)

関連する診断をチェック!

今回紹介したような余計な一言を発しがちな「毒舌な人」。あなたは、思ったことをすぐ口に出してしまうタイプでしょうか? 10の質問で毒舌度を診断します。

【毒舌度診断】周りに毒を吐いてない?

※画像はイメージです

※この記事は2020年11月25日に公開されたものです

トイアンナ

慶應義塾大卒。P&Gジャパン、LVMHグループで合わせて約4年間マーケティングを担当。その後は独立し、主にキャリアや恋愛に関するライターや、マーケターとして活動。著書に『就職活動が面白いほどうまくいく 確実内定』や『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』などがある。

●ブログ「トイアンナのぐだぐだ」
http://toianna.hatenablog.com/

●Twitter
https://twitter.com/10anj10

●公式サイト
https://renaijuku.co.jp/

この著者の記事一覧 

SHARE