お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼氏依存症かも? その特徴と克服法【診断付き】

高見綾(心理カウンセラー)

「私って、彼氏依存症かも……」。彼氏のことが1日中頭から離れず、生活の全てを彼氏中心に回してしまっているなら要注意。そんなつらい依存状態を克服する方法を、心理カウンセラーの高見綾さんに教えてもらいました。特徴や診断方法も併せてチェックしましょう!

「彼氏依存症」とは、彼氏に過度に依存してしまう状態をいいます。

依存心は誰にでもあるものですが、過度になるとお互いに疲弊してしまう可能性がありますので、できれば治したいですよね。

そこで今回は、彼氏に依存している人の特徴や心理を詳しく解説します。彼氏への過度な依存の治し方についても詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

彼氏依存症とはどんな状態?

彼氏依存症とは、「彼氏がいない自分は考えられない」「もし彼氏と別れることになったら寂しくて耐えられない」といったように、彼氏に過度に依存している状態をいいます。

恋愛でしか生きている実感を得られないという人も多く、それくらい他のこと(仕事や友達関係など)に楽しみが無かったりします。

また、「彼氏に嫌われたらどうしよう」と不安になると、無理をしてまで彼氏に合わせたり尽くしてしまったりします。

そんな彼氏依存症になると、常に不安と恐れを感じることになります。彼氏をつなぎ止めるために我慢して自分を犠牲にしているので、いつしか彼氏への不満が噴出して突然怒り出すなど感情のコントロールが効かなくなることも多いです。

そして、そんな自分への自己嫌悪と、嫌われることへの恐れがセットになって、また元の依存的な自分に戻るというように、悪循環を生み出します。

彼氏依存症になると、その彼氏自身も「重い」「縛られて窮屈」といった感覚が生まれるので、お互いにしんどい恋愛になってしまうのです。

次ページ:彼氏に依存している人に見られる特徴

SHARE