お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

恋愛対象に見られないのは「役職」のせい? 職場でモテる方法

#お仕事ハック

トイアンナ

仕事で大成功を成し遂げたいとか、そんな大それた野望はないけど、なんとなくうまくやりたい。いつもの働き方を小さくアップデートする「お仕事ハック」を紹介します。

今回のお仕事ハックは「恋愛対象に見られないのは役職のせい?」とのお悩みに、ライターのトイアンナさんがアドバイス。

恋愛対象に見られないのは役職のせい?

私は会社で上の方の役職に就いていますが、そのせいで社内の男性たちから距離を置かれている気がします。

私以外の同期はよくみんなで飲みに行ったり、社内合コンをしたりしているみたいですが、私は全く呼ばれません。この前も仲の良い男性同期(役職は私より下)に「○○さんを誘うのは恐れ多い」と言われてしまいました。

私もみんなみたいにフラットな付き合いをして、あわよくば恋愛対象に見られたいのですが、どうしたらいいのでしょう。

えっと、大前提から話しますね。厳しいコメントなんですが、役職が上の人間が、下の人間へ恋愛関係を求めると、セクハラに該当しがちです。

あなただって、自分よりはるかに役職が上の方からディナーに誘われたら、断りづらいじゃないですか。「親族が亡くなったことにしようか」くらいしか、防衛策が思いつかないじゃありませんか。

そのため、最近は「役職が上の人間は、下の人間をご飯に誘ってはならない」なんてルールがある会社も増えています。

「恋愛対象に見られたい」という気持ちが漏れている時点でアウト

そして、相談者さんは既にセクハラの黄信号が点灯しています。「○○さんを誘うのは恐れ多い」と言われているからです。

相手からこんな発言が出たということは、きっと相談者さんは「ええ~、社内合コンとかあるの? なんで私を誘ってくれないの~?」と質問したはずです。さもないと、こんな答えは出てこない。

この質問を受けた真面目な部下は、こう考えたはず。

「○○さんが、合コンに誘われたいっておっしゃってたな。今度の合コンは○○さんをお誘いしないといけない雰囲気だな……。何とかかわしたいけど、気まずい」と。

あと一歩踏み込んで「今度の合コン、私行きたいな」と言ったら、もうセクハラ確定です。あなたはこれまでに築いた地位を、合コンごときで失いかねません。

恋愛対象に見られたいなら、まずは「最高の上司」になろう

もし、恋愛対象に見られたいなら、まずは最高の上司を目指しませんか。

・仕事がバリバリできて、頼りになる

・部下のミスの尻拭いも「いいよ、それがお偉方の存在する理由でしょ。私を謝罪用に使っていいから」と言ってやる。さらに自分の失敗談を話して、失敗に落ち込む部下をリラックスさせる

・部下のプライベートに配慮する。誕生日に気付いて、その日は早く帰らせてあげる

……なんて振る舞いができている上司って、年次に関わらずモテます。こういう人は男女問わず、飲みにもどんどん誘われます。

お誘いは部下からの人生相談も多いですが、そういう人は同時に口説かれもしています。

ですから最初に良き上司、良き幹部社員を目指しましょうよ。恋愛のチャンスは、キャリアの先にあります。

Point.

・偉い人から「恋愛対象に見られたい」なんて言われたら、それだけで重荷に感じる部下も多いはずです
・部下に「誘われたいアピール」をしているであろう相談者さんはセクハラ一歩手前!
・良き上司、良きお偉方は男女問わずモテます。まずは良き上司を目指しましょう

(文:トイアンナ、イラスト:黒猫まな子)

トイアンナ

慶應義塾大卒。P&Gジャパン、LVMHグループで合わせて約4年間マーケティングを担当。その後は独立し、主にキャリアや恋愛に関するライターや、マーケターとして活動。著書に『就職活動が面白いほどうまくいく 確実内定』や『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』などがある。

●ブログ「トイアンナのぐだぐだ」
http://toianna.hatenablog.com/

●Twitter
https://twitter.com/10anj10

この著者の記事一覧 

SHARE