お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

オールラウンダーとは。仕事における意味と生かし方

ぱぴこ

オールラウンダーの長所と短所とは

良い特徴ばかりを兼ね備えているように見えるオールラウンダーですが、長所もあれば短所もあります。

オールラウンダーの長所と短所

オールラウンダーの長所と短所はなんでしょうか?

長所:決定的な弱点がなく、リスク分散できる

長所はなんといっても「なんでもこなせる」という点です。

専門性に特化し、プロフェッショナルであり続けるというのは非常に難しいです。個人の能力だけでなく、時代や市場といった局面にも左右されます。

しかし、得意領域が複数あれば、軸足を複数持つことができ、リスク分散が可能です。

また、いくつかの得意な領域を掛け合わせることで1つの専門性を深く極めるよりも希少性を高めることもできます。

短所:コレという武器が無く、強みが曖昧になる

オールラウンダーとしての強みは「さまざまな分野を平均以上の高い能力値でこなせる」点にあります。

逆にいうと「それなりに全部できる」程度や、全部平均程度では「何ができる人なのか分からない」と判断される可能性もあります。

「Aができます」と言い切れる人の方が「AもBもCもDもできます」と言う人よりも、力強く見えてしまう場合もあります。

できることが多いという長所が、「曖昧である」と捉えられてしまうと一気に短所として浮き上がってしまいます。

長所と短所の分かれ目は「できること」の品質

結局のところ長所と短所の分かれ目は、「できること」として並べられたことの品質やレベルによります。

会計・IT・営業・人事の全てを、それぞれの分野のプロフェッショナルと会話できたり、業務を遂行できるレベルで知っていたりする人であれば素晴らしい人材です。

しかし、どれもちょっとかじった程度で仕事を任せられるレベルになければ「何ができる人なの?」という扱いになってしまいます。

後者の場合はオールラウンダーとは呼べず、これぞ「器用貧乏」というところでしょう。

次ページ:起業は向いてる? オールラウンダーの強みを生かそう!

SHARE