お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

男性が実はグッときている「彼女の行動」10個

ウイ(恋愛コラムニスト)

男性が彼女のことを本当に「かわいい」と感じるのはどんな瞬間なのでしょうか。おいしそうに食べる、甘えてくるなどよく言われるものはあるけど、もっと本質的でニッチな男性の本音とは? コラムニストのウイさんが解説します。

今回書かせていただくのは題名の通り「彼氏がグッとくる彼女の行動」でして、男性が彼女に対して「かわいい」と感じる瞬間や、実はグッときている行動についていくつか書かせていただきます。

が、せっかくなのでネットで検索すれば山ほど出てくる「笑顔がかわいい」とか「おいしそうに食べる」とか「甘えてくる」とか、ありきたりなものは今回は思い切って省きます。

少しニッチで、もしかしたら女性側も受け手である男性側もある程度限定されてしまうかもしれませんが「これやられたら実はグッときてるんだぜ」という内容を書かせていただきます。

個人の主観ではなく、僕が運営するオンラインサロンの男性会員や男友達に聞いて回り、複数の男性が「それいいね」と回答したものをピックアップさせていただきます。

男性がグッとくる彼女の行動10選

(1)犬を見かけるとキモくなる女性

「キモくなる」という表現が誤解を招きそうですが、「犬や猫を見ると急にテンションが上がる女性」のことをいいます。

例えばデート中、散歩している犬を見かけると飼い主に「触ってもいいですか」という許可を取って犬を愛でる女性です。

その際の声のトーンが普段とは違い「かわいいね~。散歩してるの~? 散歩楽しい? 男の子かな? 前足が大きいね~」と急にキャラ変するタイプのことです。

ただし、これにはあなたも男性も「動物好き」という条件が求められます。

さらに、本当の動物好きは犬や猫を愛でる際は視線の高さを合わせ、動物の警戒を解くという特徴があります。膝なんかがっつり地面についちゃう。ここに、本当の動物好きか否かが現れます。

猫に関しては「猫だーー! ニャー!」と言って猫のことを追い回すのはご法度。男性も猫もドン引きします。本当の猫好きは一定の距離を保ったまま猫とコミュニケーションを取ります。

(2)巣作りしない女性

彼の部屋に化粧水や部屋着を置いていく女性がいます。それが彼からの提案ならいいのですが、無断で置いていくのはチャンスを逃しています。

勝手に巣作りをされるのを嫌うという理由もあるのですが、男性は毎回健気に持ち帰ろうとする姿を見て「それ、置いていったら?」や「部屋着、洗濯しとくよ」とか言いたいのです。

(3)部屋で高校の時のジャージを着ない女性

彼の部屋にも部屋着を置いている女性はいると思いますし、彼が自分の部屋に泊まりにくるケースもあるでしょう。

男性の隠れ性癖には「部屋着フェチ」というものがありまして、大体の男性は女性の部屋着が好きです。

これを知らずに高校の時のジャージを着たり、わりといい歳なのに耳のついたパーカーを着たりする女性がいます。これは損をしています。普段何を着ようが勝手ですが、せめて彼といる時だけでもいいので彼が好きな部屋着を着てあげてみてください。

(4)香りを分ける女性

彼の部屋に巣作りが始まったら大体の方は化粧水や部屋着を置いておくと思うんですけど、できればシャンプーやボディソープも置いておくといいと思います。

それは「これは私が使うための高いやつだから使わないで」というメッセージではなく、一緒の香りになることを避けるためです。

自分の匂いと恋人の匂いは分かれていたほうが何かといいのです。

(5)すぐに写真を送ってこない女性

世の中の女性は2種類に分けることができます。

「彼氏に自撮りの写真を送り付ける女性」と「送らない女性」です。前者はインスタにも自撮りをバンバンアップして、後者はアップしない傾向があります。

もちろん、かわいく撮れた写真を彼に送って「かわいい」と言ってもらいたい気持ちは分かりますが、あまりにもそれが続くといくら好きでも男性は困惑します。かわいいの強要です。

猛者は自分から送りません。「今日、髪の毛切った」や「前髪伸ばそうかな」などの報告、彼からの「写真送ってよ」という依頼を受けて初めて送るのです。少しもったいぶりながら。

(6)真剣なまなざし

真剣なまなざしを見せる時って案外少ないものです。だからこそ、そこにギャップが生まれ、グッときます。

おすすめは読書。向かい合って本が読める本屋併設のカフェや図書館でもいい。映画などは横並びなので気付けない。ふだんニコニコしている彼女が本を読む。その真剣な眼差しに心拍数を上げる男性は多いです。

(7)手紙を書く

手紙の威力はすごい。携帯電話が普及してから手紙を書く機会、もらう機会は激減しました。

どんなにスマホが便利でも、LINEで送られる長文は、丁寧に手書きされた手紙には勝てないのです。

(8)あえての、袖つまみ

人混み。混んでいる電車。はぐれないように多くのカップルは手をつなぎます。

でも、そこをあえての袖つまみです。これは普段手をつないでいるカップルから見れば退化しているような印象を受けますが、逆に新鮮でグッときたりするものです。

(9)スマホ許可制

付き合っている期間が長くなればなるほど、デート中についスマホを見てしまうものです。

しかし、世の中にはどんなに付き合っている期間が長くなってもデート中はスマホを見ない女性がいます。デート中は見ないでおこう、という二人の間だけで通用する法律を制定しなくても自主的に見ないようにしているのです。

そういった女性はお店の場所などを調べる際に「スマホ見ていい?」という許可を取ります。

そして、そういった確認が彼に「あ、この子はデート中にスマホ見ないようにしてくれているんだな」という認識を与えるのです。これはわりとグッとくる男性多いと思います。

(10)小さなことを覚えている

例えば彼との日常会話の中で、好きな食べ物や映画の話が出たとします。それを食べてみたり、観てみたりするのです。

この時「今度買って行くね」や「観てみるね」という予告はなしです。「そういえばアレ観たよ!」という小さい小さいサプライズにグッとくる男性、多いです。

少しの駆け引きで関係にテコ入れを

10個挙げさせていただきました。付き合いたては工夫しなくとも楽しい時間を過ごせると思いますが、付き合いが長くなるほどよく言えば安定した、悪く言うとちょっと退屈な関係になったりすると思います。

そんなとき、ちょっとしたテコ入れをするつもりで、こんな駆け引きをしてみてください。

(ウイ)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]