お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

職場のコミュニケーション不足で起こる2つの問題&すぐできる対策法

ぱぴこ

職場でチャットツールが普及し、飲み会も少なくなった昨今。煩わしいことが減った代わりに、コミュニケーションを取る機会も少なくなりました。そもそも、会社でコミュニケーションを取ることは重要なのでしょうか? その疑問に、外資系OLコラムニストのぱぴこさんが答えてくれました。

ストレスなく、仕事が円滑に進むかは「人間関係」によります。

日頃からコミュニケーションを取っていれば「ちょっとしたお願い」や「ちょっとした確認」は呼吸をするように行えますが、そうでないと話しかけるのも一大事になります。

HR総研が実施した『社内コミュニケーションに関する調査 』では「コミュニケーションに課題があると感じる企業」は8割にも上ったという結果が出ています。

特に「部門間のコミュニケーション」は課題が多く、現代においても縦割り社会の企業がまだまだ多いようです。

本調査では、企業規模にかかわらず「コミュニケーション不足は業務の障害になる」という回答が9割を超え、企業におけるコミュニケーション不足が明確なボトルネックとなっていることが見て取れます。

現在は「飲みニケーション」は死語となり、仕事とプライベートは分けるという考え方が主流です。

それにより、煩わしさは少なくなりましたが、だからといって職場のコミュニケーションが不必要かというと、そうではありません。

「仕事をうまく進めるためのコミュニケーション」は、ある種の業務として必要だと私は考えます。

職場のコミュニケーション不足が影響して起こること

職場のコミュニケーションが不足したときの悪影響は、大きく分けて2つあります。それぞれの悪影響について具体的に見ていきましょう。

悪影響1:仕事の質が落ちる

ケアレスミスが増える

コミュニケーションが少ないと「ちょっとしたこと」を相互フォローする機能が失われます。そのため、例えば数字の桁や、取引先の名前の漢字間違いといった「ちょっとした」ミスをフォローすることができません。

たらい回しが発生する

顔見知りのAさんからの依頼と、ほぼ知らないBさんから同じ依頼がきたときに、めちゃくちゃ忙しくても「Aさんだしな」と対処するのが人情です。

コミュニケーション不足の職場ではこの感情が起きないために、「忙しいので別の人に聞いて下さい」というたらい回しが発生します。

冒頭の部署間の縦割り問題も「知っている人がいない」に起因することが多い印象です。

ノウハウが蓄積されず、引き継ぎされない

コミュニケーションがないと、ノウハウが継承されません。世の中には「聞けばすぐ分かるが、調べると分からん」ことは意外と多いです。

悪影響2:職場の雰囲気が悪くなる

離職率が上がる

雑談や会話ができない雰囲気の悪い場所では「嫌だ! 辞めたい!」と思うのは当たり前です。そのため「心を病む」「離職する」といった形で表面化します。

次ページ:職場のコミュニケーション不足の原因

SHARE