お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

デリカシーの正体とは。デリカシーがない人の特徴と対策

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

「デリカシーがないね」。そんな風に言われたことはないですか? デリカシーとはどういう意味でしょう。デリカシーがない人とはどういう人を指すのでしょう。催眠心理療法士の浅田悠介さんに詳しく教えてもらいました。

「ちょっとデリカシーがないよね」。

こんな言葉を言われたことありません?

ドキッとしますよね。たぶん良くないニュアンスな感じがするから。半ギレ状態で言われたことすらあるかもしれません。落ち着きましょう。

今回のテーマは「デリカシーのない人」です。

そもそもの意味を学びながら、その解決法を探ってみようと思います。デリカシーはあった方がいいと思うんです。そのコツを紹介しますね。

意味は? デリカシーとは

ここではデリカシーの意味を探ります。

学んでみましょう。見えてくることもあるかもしれません。

デリカシーの意味

シンプルにいえば「配慮・気遣い・繊細さ」になります。

いわば他人に対する態度のことですね。さらに噛み砕くと「相手の心や立場を思いやる気持ち」という意味になるでしょう。

デリカシーがないとは

まさに「他人に対する心配りがない」という意味です。

どこかで配慮が欠けていたのかもしれません。すると「デリカシーないよね」というグッサリくる言葉を投げかけられるわけです。

次ページ:「デリカシーがない人」とは

お役立ち情報[PR]