お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

仲良しカップルが寝る前にしていること

前田郁

いつまでも仲のよいカップルには憧れます。

では、仲よしカップルって寝る前にどんなことをしているのでしょうか? それを実践したら、あなたも仲よしカップルになれるかもしれませんよ。

(1)スマホや電話で挨拶

・ 「SNSで『おやすみ』のあいさつだけでも送る。このような些細なきっかけから話が続くことがあります」(25歳/その他/営業職)

・「おやすみの電話。一番時間がとりやすいから」(34歳/医療・福祉/専門職)

これは寝る前に一緒にいられない場合ですね。おやすみの挨拶から話が広がったり、相手の声を聞いて安心したり。お互いを「忘れていないよ」という確認でしょうか?

(2)一日の出来事を報告

・「今日あったことや思ったことなどを話している。2人の話をお互いに聞きたいから」(28歳/その他/営業職)

・「今日あった一日の出来事を報告する。一緒にいない間も、どんな日を過ごしていたかをお互いに知ることができて楽しい」(28歳/不動産/その他)

何があったかを報告しあって、お互いの見えない部分を知りたいのでしょうね。何でもない会話が楽しいのも仲よしカップルなのかも。

(3)明日(未来)の話をする

・「明日の楽しい予定を話す。前向きなカップルになれる」(26歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「近いうちに行きたい旅行先や将来のことを話す」(31歳/その他/販売職・サービス系)

こちらは今日あったことではなく、明日や将来のことを話します。確かに夜寝る前というのは、未来を語るにはいい時間。この先もずっと一緒にいられるような気がします。

(4)ハグ

・「ハグ。愛されていると感じることができると思うから」(32歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「おやすみのハグをする。安心感が得られるから」(33歳/小売店/事務系専門職)

これは寝る前に一緒にいないとできませんね。抱きしめてもらう、逆に抱きつく。どちらにしても相手の体温を感じて、安心して眠りにつくことが仲よしの秘訣なんです。

(5)キス

・「キスをする。相手と自分の愛を毎日確認することで円満な関係が築けそう」(26歳/自動車関連/事務系専門職)

・「おやすみのキスは『今日も好きだったよ!』の意味があると思う」(34歳/医療・福祉/専門職)

寝る前のキスと答えた人が一番多く、恋愛経験のある人もない人も「おやすみのキス」と答えています。ケンカしていてもこれで仲直りできるという意見も。

(6)手をつなぐ

・「手をつなぎながら寝る。せっかく一緒にいれるから触れていたい」(28歳/機械・精密機器/技術職)

・「手を握る。一日の最後を彼の体温で終えたいから」(31歳/団体・公益法人・官公庁/クリエイティブ職)

ハグやキスよりも長く相手を感じていたいから、手をつなぎたいようで、同じ理由で「腕枕」の意見もありました。仲睦まじい様子にほのぼのします。

まとめ

相手が隣にいても離れていてもコミュニケーションをとっている様子がわかります。離れていても、言葉でコミュニケーション、一緒にいればスキンシップでコミュニケーションすることが、仲がよいカップルのイメージなんですね。

(文:前田郁、イラスト:カーリィ)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2019年3月7日~3月11日
調査人数:390人(22~34歳の働く女性)

前田郁

この著者の記事一覧 

SHARE