お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

周りと比べず、自分を肯定してあげること。田中みな実の人生軸

ameri

マイナビウーマンのコア読者は“28歳”の働く未婚女性。今後のキャリア、これからどうしよう。結婚、出産は? 30歳を目前にして一番悩みが深まる年齢。そんな28歳の女性たちに向けて、さまざまな人生を歩む28人にインタビュー。取材を通していろんな「人生の選択肢」を届ける特集です。

取材・文:ameri、撮影:須田卓馬、編集:高橋千里/マイナビウーマン編集部

「努力の天才」。それは彼女のことを呼ぶのだと思う。

フリーアナウンサーの田中みな実さん。TBSアナウンサーからフリーに転身後、現在はアナウンサーとしてだけではなく、モデル・女優としても活躍している。今や雑誌やドラマに引っ張りだこだ。

食べるものにとことん気を使い、ボディメイクには余念がない。“女性が憧れる女性”像を作り上げ、2019年12月に発売した写真集は累計発行部数が60万部を突破した。

華奢な体にくりっとした瞳。だけど、彼女が持っているのは“かわいさ”だけではない。そこにはブレない軸がある。そして、内に秘めた強さがある。

彼女はここまでたどり着くのに、どんな選択をしてきたのだろうか。マイナビ TGC 2020 S/S の舞台裏にて、人生のターニングポイントについて聞いてみた。

後押しがなければ進めないなら、考え直した方がいい

「自分の中で大きなターニングポイントだったと思うのは、アナウンサーになったときと、フリーを選択したとき。あとは、今回写真集を出させていただいたことも大きな転機になったかな」

そう言ってふわりと笑う。人生における大きな決断を何度も経験しているが、迷いはなかったのだろうか。

「大きな決断をしているときって実はあまり悩んでいなくて。先のことを考えると不安になってしまうから、そのときの感覚を信じて『今だな』と思ったらとにかくやってみることにしています」

何かを選ぶとき、新しい環境に飛び込むとき、そこにはいつだって不安がつきまとう。誰かに頼ってしまったり、アドバイスを求めてしまったり、なかなか一人では決められない。

「大きな決断をするときは人の影響を受けることがありません。誰かにアドバイスを求めたこともないと思います。アドバイスを求めてしまうと、逆に気持ちが揺らいでしまう気がして」

かわいらしい見た目とは裏腹な、決断するときの漢気がかっこいい。

「TBSのアナウンサーになるときもフリーになるときも、両親へは事後報告でした。進みたい道が決まっているのであれば、誰かに相談せずとも突き進んでいいのではないか、と思います」

無駄なくはっきりと話す姿は、さすがアナウンサー。言葉の端々から、頭の回転の速さと“自分の人生の舵は自分で切る”という意思の強さが感じられる。

「自分の中で答えは決まっているはず。逆に、誰かのアドバイスや後押しがなければ進めないような決断なら、もしかしたら考え直した方がいいのかもしれません」

今の仕事は、求められたことに応えてきた結果

最近は、テレビ番組のMC以外にも幅広い仕事に挑戦している田中みな実さん。雑誌を読んでも、インスタグラムや密着番組を見ても、一つ一つの仕事に対して全力で、完璧に仕上げている姿が印象的だ。

「お芝居も雑誌も美容のお仕事も、オファーをいただいて、求められたことに120%で応えて、気付いたらこのように形になっていました。右も左も、向いているかどうかすら分からないけれど、『求めてもらえるのなら、そこで頑張ってみよう』。そう思えたのです」

生きていると、ちょっとしたことで悩んだりつまずいたりする。毎日のように「ああすればよかった」「こう言えばよかった」と頭の中で反省会を繰り広げてしまう。田中さんは仕事でそんなふうに悩んだことがないのか、尋ねてみた。

「『あの番組で、あのとき、ああいう返し方が適切だったかな?』そんなふうに悩むことはしょっちゅう。でも、今置かれている環境に対して必要以上に考えたり悩んだりしないようにはしています。たま~に深く考え込んで負の感情に支配されてしまうこともあるけれど……(笑)。

立ち止まって悩んでいても、物事はすさまじいペースで進んでゆく。ならば、根拠のない自信を持って進んでみた方が、おのずと結果が伴うんじゃないかなって」

強い。とにかく強い。自分を信じて進む、というブレない軸を持っているから迷わないのだ。いつだってまっすぐで、全力だ。

「TBSを退社してから、『フリーになってよかった?』とよく聞いていただくんですけど、必ず『よかったと思う』と答えるようにしています。そりゃあ、局に残ればよかったと思った瞬間も度々ありましたよ。でも、自らの決断を自らが肯定してあげないで、誰がしてくれる? 進むべき道を決めたら、間違っていなかったって自信を持つことも大切だと思うんです」

だけどそんな彼女も、自分自身の仕事を振り返って反省することがあるという。

「『これでよかったのだろうか』と悩んだり、自信をなくしたりしたら、ずんと落ち込んでから、次でどう挽回できるかを考えます。失敗は成功体験でしか拭えない。私の場合はそうすることでしか、悩みを乗り越えられないと思っています」

大切なのは、後ろを振り返らずに進むこと

さかのぼること2014年秋。田中みな実さんはTBSを退社し、フリーアナウンサーになった。その決断をしたのが、ちょうどマイナビウーマンのコア読者層と同じ“28歳”になる直前のこと。フリーになろうと思ったきっかけはなんだったのだろうか。

「余力があるうちに、そして20代で体力的にもまだまだガッツがあるうちに、より広い世界で挑戦したい気持ちがあったんです」

28歳。周りが結婚・出産ラッシュを迎えて焦る。でも、キャリアも諦めたくない。何を優先すべきなのか、どうしたらいいのか、自分でも分からなくなってしまいそうになる。

「そのくらいの年齢の女性は、いろんなことに押し潰されそうになるし、焦燥感に駆られることも嫌というほどあると思います。結婚して子どもがいる人もいる。一方で転職したい、キャリアアップしたいと願う人もいる。周りを見渡せば心がざわつきますよね。でも、あなたは今やっていることに誇りを持って。大丈夫。今の選択は間違っていない」

彼女にとっても大きなターニングポイントになった28歳。もし、そのときに戻っても同じ選択をする? と聞いてみた。

「同じ選択をすると思います。でも、所詮はタラレバ。過去に戻れるなんてこと、ありえませんもんね。『この道を行く』と決めたなら、脇目も振らず一心不乱にその道を突き進む。きっと、その方が得られるものが大きい気がするから。

マイナビウーマン読者世代の女性たちには、3年後・5年後・10年後、過去を振り返ったときに『あのときの決断は間違っていなかった』って胸を張って言えるように、今を一生懸命生きてほしいと思います」

自分の決断に自信と責任を持ち、後ろを振り返らず進んでいる田中さん。淀みなくまっすぐ意見を伝えてくれる姿が眩しかった。

だけど、こうも思う。彼女のように、絶え間なく努力をし続けられる人は少ないのかもしれない。今この記事を書いている私もそう。ちょっとのことで自信をなくしてしまう。

でも、田中みな実さんの話を聞いているうちに、自分のことと、自分の選んだ道を少しは信じてあげてもいいのかな、と思えた。

自分で自分を肯定してあげることで、新しい一歩を踏み出せると思うから。

ameri

2016年より執筆をはじめ、主に美容・恋愛・ウエディングについて書いています。美容とコーヒーとチョコレートをこよなく愛するフリーライター。コスメと触れ合うこと、旅行、カフェ巡りが趣味です。百貨店のコスメフロアによく出没する特徴あり。

この著者の記事一覧 

SHARE