お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

彼女と確実に別れるたった一つの方法

マドカ・ジャスミン

大好きだった彼女だけれど、自分のためにもう別れた方がいい。とは、分かっているものの、なかなか切り出せないのも本音。そんな男性に向けて、彼女と確実に別れる方法をコラムニストのマドカ・ジャスミンさんに教えてもらいます。

例年よりも一足早い桜の開花宣言。それと同時に耳に入ってくるのは、出会いと別れだ。私もこの記事を執筆している前日、パートナーにお別れを告げた。まさかこの季節にあやかる結果となるとは夢にも思っていなかったが、今年は彼とお花見デートをすることはないということだけは確かだ。

今回の別離に関しては私から切り出したが、今回たまたま決着をつけたのが私であっただけで、何度か彼から別れを切り出されたこともある。そのどれも多くが、喧嘩の延長線上で……まるで啖呵を切るような別れの切り出され方ばかりだった。

“嫌われたくない”だけではないか?

お互いに何となくお別れを意識しているとき以外に別れを切り出すのは、彼との関係や周りの恋愛を見ていて困難なのだと深く理解している。意外にも、男性から切り出すことの方が難しそうな印象だ。

どれだけ傷つけられようが、浮気をされようが、性行為を断られ続けようが、疎遠になろうが、何故だか彼らは「それでも、彼女は自分のことを好きだろう」といった感情を大なり小なり抱えているのだという印象が強い。

ただ、そうやってよくも分からない交際関係を続けていると、いつの間にかそれにばかり気を取られ、他のことにフォーカスすることが難しくなってくる。

通り雨のような彼女からの甘い言葉を必死に受け止めようとするも、気がつけばまた目の前に広がるのは広大な砂漠のみ。さながら、恵みの雨が降ってくれと祈るかのように彼女に対し、ヘコヘコとした態度を取り続けるのだ。

私が思う恋愛の原則は、“嫌われたくないではなくて好かれたい”。これを当てはめるとすれば、この時点でもう彼女に好かれたいのではなく、嫌われたくないの一心のみ。もう、その愛にできることはない。

次ページ:まずは思考の整理から

お役立ち情報[PR]