お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 婚活

婚活で「いい人だけど好きになれない」と思ったときの対処法

E子

婚活をしていると、「条件は満たしているのに、どうしても好きになれない」という事象が発生しがちですよね。それは、なぜなのでしょうか? その実態を、婚活・恋活を趣味とし活動しているE子さんに詳しく教えてもらいます。

婚活をしている女性がみな、声をそろえて言うセリフがある。

「いい人だけど好きになれない」「あの人を好きになれたらどんなにいいか」。

私も何度も思ったことがある。理想的な相手な上に、自分のことを好きと言ってくれている。なのに、私はどうしてもその人のことを好きになれない。こんなとき、どうしたらいいのか。

婚活で出会う相手のことを好きになるのは難しい?

なぜ、婚活で出会った理想的な相手を好きになれないのか。それも一度や二度ならず、何度もそんな壁にぶち当たる。周りの婚活女子と話してみても、みな同じことを言う。「もしかして、婚活で男性と出会ったところで、相手のことを好きになれない仕掛けがあるのではないか」そう思うほどである。

実は、これにはきちんと理由があるし、その問題さえ解消すれば、出会った相手を好きになれる可能性はぐっと広がるのである。

婚活で出会った男性を好きになりにくい理由

婚活というシステムが、多くの「恋愛」の可能性をつぶしてしまっている。私はそう感じる。

現代では出会いを求める多くの異性と知り合う機会があり、お互いの目的も「結婚」と明確。「結婚」に向けて、探したい相手を絞り込んでいくことになる。

全員と会うわけにはいかないし、せっかく検索ができるのだから、好みの条件でソートをかけることに。年収1000万円以上、25歳から35歳、身長175cm以上、都内在住、次男……。条件は完璧である。

しかし、実際会ってみるとどうか。なんと、人当たりも良く、誠実そうで清潔感がある。非の打ち所がない。なのに、不思議なことに好きになれない。

なぜなら、「条件」で選んだ相手であり、あなたが「恋」に落ちた相手ではないからだ。

次ページ:恋をすれば、条件なんてどうでもよくなる

お役立ち情報[PR]