お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

彼女が「喜ぶキス」と「拒否するキス」

マドカ・ジャスミン

彼女へのキスはいつからOKなのでしょう。また、彼女が喜ぶタイミングやキスの仕方とは? さらに嫌いなキスや拒否する心理とは? コラムニストのマドカ・ジャスミンさんに教えてもらいました。

先日、約2年と4カ月ぶりにフリーの身となった私。

すぐにではないのだろうけど、きっとまた男性とデートをして、また誰かと交際関係へと発展するのだと想像が容易い。

しかし、懸念点もある。はっきりと言えば、約2年4カ月も恋愛市場から離れていて、もっと細かく言うならば、その期間新規の男性とのデートをしてこなかったわけだ。

つまり……

恋のABCを忘れてしまっている。

交際期間中は友人からの恋愛相談に答え、時に叱咤激励をし、指南を重ねていた私。

が、今や自分がその身。デート時にどう振る舞えばいいか、どういう格好が好かれるのか、何回目のデートで交際が始まるのかなどなど、基礎の“キ”が抜け落ちている状態。まさに処女(メンタルは)。

そんな私だが、今回は男性諸君に向けて、彼女が喜ぶキスと拒否するキスについて解説してみたいと思う。

彼女が喜ぶキスのタイミング

お互い好意と合意があるとして、どのタイミングでキスをすればいいのか。

王道は別れ際だ。別れ際のキスはその日のデートを締めくくると同時に次のデートまでの導火線と成り得る。改札の前やタクシーの中。想像しただけでキュンとした(メンタル処女)。

唇同士と限らないのであれば、半個室や自分たちが第三者から見えないような席のあるバーでもいいかもしれない。耳や首にそっと唇を落とすのだ……自分の妄想を言語化しているようで胃が痛い。

逆にご法度なタイミングは、食事中や食事の直後である。女性たちは皆、食事後に化粧室で口をゆすぎ、リップメイクを直す。

食事中はマナーとしても有り得ないし、直後だとリップメイクは落ちるわ、何だかガッツかれているようで恐怖さえも抱く。

次ページ:うれしいキスと嫌なキス

お役立ち情報[PR]