お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

俳優だと誰? 女性から見た「かっこいいおじさん」になるには

二宮ゆみ

女性から見たかっこいいおじさんの特徴を、元人気ホステスの二宮ゆみさんが解説。ファッションや言動など、「かっこいいおじさんになるには?」を、男性に知ってほしい女性の本音を交えながら徹底分析します。

おじさん。

なんてことないこの4文字ですが、これほど振れ幅の広い言葉を私は知りません。

あるおじさんは「かっこいい」。
あるおじさんは「ただのおじさん」。
あるおじさんは「抱かれたい」。
そして、あるおじさんは「近寄らないで」。

このように、おじさんに対して女性たちが抱く本音はさまざまです。

どうせなら、好かれてみよう、ホトトギス。

ということで、おじさんばかり見てきた元キャバ嬢の私が僭越ながら、「かっこいいおじさんとは」についてアレコレ言わせていただきました。

「かっこいいおじさん」の特徴とは?

多くの場合、人生の中で「おじさんに惹かれる時期」というのが女性には訪れます。

バイプレイヤーズが話題になったり、おっさんずラブが流行ったり、これは常に一定数おじさん好きが存在している証拠です。

ただし、女性たちが惹かれるおじさんにはいくつか条件があります。具体的に、どんなおじさんがモテるのでしょうか。彼女たちは、どんな姿をかっこいいと感じるのでしょうか。

(1)高級スーツを着こなす

「スーツを着こなすってそんなに難しいの?」と、若者のリクルート感溢れるコーディネートを見るたびにため息をつきたくなります。

それに比べ、おじさんの着慣れている感じといったら! ヨダレ、とはこのことです。

もちろん、女性から「かっこいい♡」と黄色い声を上げてもらうためには、いくつかの着こなしポイントをスマートに押さえておく必要があります。

・ネクタイ、靴、シャツの組み合わせ
・シャツの袖をまくる姿
・ベルトやカフス等、遊べる部分

など、全てを駆使してスーツを着こなしている必要があるのです。

具体的に女性が見ているのは、

・靴が手入れされているか
・ネクタイの結び目がきれいに整っているか
・シャツにしわが寄っていないか

など。最低限の基準を守っているのが大前提です。お値段の張るスーツに挑戦するのはその後で、です。

(2)話の引き出しが多い

かっこいいおじさんは話の引き出しが多いです。重ねてきた年月が長いのですから、知識、経験ともに多く、そこに連動する引き出しの多さがかっこよさの源泉になります。

何も考えず会社に雇われ、日々の業務を面白くなさそうにこなしていると、上司や会社、または社会に対する愚痴やダメ出しばかり生まれます。

女性はそんなお話なんて全く聞きたくないんです。えぇ、全く。

ウィットに富み、ユーモアあふれるお話。ちょっとした悩みも解決してくれる機転。発想。

こんな対応をおじさんに望んでいるんです……!

あ、もちろんですけど念のため。リピートされる武勇伝なんてNGの極みです。

(3)本物を知っている

例えば、かっこいいおじさんは本当においしい店を知っています。

過度におしゃれで一瞬テンションだけ上げてくれるけど、食べたら大したことないし、値段も高い。そんなお店をおじさんは選びません。

それは「おいしくない」からです。

キタナシュランまで行かなくてもいいですが、良い感じの雰囲気と本当においしいご飯。それを知っているのがかっこいいおじさんです。

「きれいではないかもしれないけど、ホントにうまい焼き鳥、食いに行く?」なんて誘われたら……! 行くに決まってます(笑)。

(4)聞く力に長けている

人の話をよく聞いて、適切な返しをしてくれる人ってかっこいいですよね。

これは年齢問わずな部分もありますが、若者はきちんと「人の話を聞く」ことが総じて苦手です。経験の差なのかな。

人としての大きさというか器というか。自分のことばかり話す人って、女性はもうおなかいっぱいなんですよ。毎日聞かされるから。誇張でもなんでもなく、ホントに毎日です。

1つか2つしかない、宝物の自慢話を吹聴したいのはわかります。だって、にんげんだもの。知り合いがすごいと自慢したくなるのもわかります。わたしだって嵐のみんなとよく飲みに行くような仲だったら、誰かれ構わず自慢します。

でもね。そういう自慢はキャバ嬢にお金を払ってしてほしいんです。彼女たちはそういうお話を「さすがー♡ 知らなかったー! すっごーいっ!」って聞く、それがお仕事だから。

かっこいい、と思ってほしいなら。女性が話したいことやその内容を理解して、ていねいにお話を聞いてあげる。うんうん、って頷いてあげる。共感してあげる。

そうすると「話のわかるステキなおじさん」認定されていきます。

(5)仕事では責任ある立場にいる

当然ですが、おじさんは仕事でも責任ある立場にいるべきです。

そこで抱える重責というか悲哀は、ちょっとミステリアスで、なんとなくそそられるモノがあります。

また、部下がいたり、マネジメントする立場にあったりすることで、相手を見る力が急激に高まります。それがおじさんの魅力をさらに高めるのです。

(6)身体を鍛えている

鍛えていないおじさんは、ただのおじさんです。

20代のときにスラッとしたスタイルだったとしても、何もしなければ30代後半には腰周りに肉がつき、逆三角形だった上半身がぽてっとした長方形になってしまうんです。

顔のたるみはある程度しようがないとして、鍛えてどうにかなるパーツは積極的に筋トレしましょ。

ちなみに、お尻の上の筋肉がほどよくついていてプリッとしている男性は、仕事もセックスも精力的にこなします。もちろん、その結果「かっこいい♡」といわれるワケです。

「後ろ姿がかっこいいし、とてもあの年齢には見えないよねー! 若いー♡」って。

(7)金銭的余裕がある

大金持ちでなんでも買ってあげる……、そんな必要はないですが。スタバでコーヒー一杯気軽にご馳走できないようじゃ、「かっこいい」とはなりません。

細かい部分でケチらない、そんな大人の男性にしかない余裕をたっぷり見せてあげてください。

次ページ:芸能人から学ぶかっこいおじさん例とは?

SHARE